【特集:リフォームローン(4)】リフォームをする時はローンを使う事ができる

リフォームをする時はローンを使う事ができる

家のメンテナンスの為にもリフォームは必要

家は手入れをしていると、それだけきれいな状態を保つ事が出来ます。

長くマイホームで暮らす為にも、まめにお手入れをしましょう。

日々の清掃なども大事ですが、業者に依頼するタイプのお手入れ方法の一つがリフォームです。手軽に行う事もできますが、大々的に家の中を変え、まるで新築のようにする事も出来ますので、一度検討してみるのも良いでしょう。

そもそもリフォームって何?

リフォームとは、古くなった家の全部または一部を新しい状態に戻す事を言います。

外壁の塗り直しや壁紙の張り替え、床の手入れ等もこれに含まれます。

壁紙等であればそれほど資金が必要とはなりませんが、外壁の塗り直しの場合、足場を組んで作業する必要がある為にある程度まとまった資金が必要です。

その外壁の大きさや、足場を組みやすい立地かどうかによっても違いますが、100万円程必要な事も有ります。

大体10年で外壁は塗り直しが必要なので、それを見越してお金を貯めておくのも良いでしょう。

自己資金を用意しなくてもリフォーム

家を買う時は頭金を用意し、残りは住宅ローンを利用する場合が一般的です。

借入期間によっては税金の控除を受ける事が出来るので、マイホームを手に入れる時は住宅ローンの事をしっかり調べたという人もいるでしょう。

実は、リフォームをする時にもローンを利用する事ができます。

融資限度額も500万円と決まっていたりするのですが、外壁を直すとか床を張り替えると言った内容であれば十分その金額で対応できるでしょう。

まずは工事に必要となる正式な金額を算出してもらい、それを持って金融機関に相談に行くか、業者や工務店が仲介してくれるローンを検討するとよいでしょう。

上手にリフォームローンを借りたい

ローンと言うのは借りる事ばかり意識してしまいがちですが、本当に重要なのは借りた後です。

特に高額融資を受ける時は、金利や返済期間によっては返済総額が増えてしまいます。

出来るだけ返済総額を増やさない為には、低金利の物を借りるべきです。

多くの金融機関では、リフームローンの取り扱いを行っています。

まずはそれぞれの金融機関ではどう金利が設定されているかを調べ、希望借入額から返済期間、返済総額等を考えてどこに申し込みをするか決めるのが良いでしょう。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

loan