【特集:リフォームローン(14)】リフォームにはどんなローンを利用することができる?

リフォームにはどんなローンを利用することができる?

必ず必要になってくるリフォーム

中古住宅を購入した時はもちろん、新築でマイホームを購入したとしても、いつかは必ず必要になってくるのがリフォームです。

経年劣化によって建材などが古くなってきますし、トイレやキッチンなども不具合が多くなり不便になってきます。

リフォームをすることによって、これまで以上に快適に暮らすことが可能です。

愛着のある家にずっと暮らしたいと考えるのであれば、定期的にメンテナンスをすることが大切です。

リフォーム費用とローン

それぞれの部位ごとに、かかる費用は違ってきます。

トイレなどは50万円から100万円で新しくすることができますが、部分的ではなく全体を改装、改築するとなると「フルリフォーム」「リノベーション」等に該当し、多額の費用が必要になってきます。

多くの方にとって、まとまった費用をすぐに用意することは簡単なことではありません。

そこで、利用を検討したいのがローンです。

さまざまなローンがありますから、そこに暮らす家族のライフスタイルや用意できる費用に合わせて選びましょう。

住宅ローンも利用可能

住宅の改装や改築に利用できるものとして、まず思い浮かべるのが無担保のリフォームローンでしょう。

ですが、それ以外にも、有担保の住宅ローンを利用することができます。

有担保であるため手続きは煩雑になってしまいますが、長期間低金利で融資を受けることができるため、返済がしやすいというメリットがあります。

住宅を購入するときと同じように最長で35年間、低金利で借りることができますが、書類の用意に手間がかかり審査は厳しく時間がかかるため、誰でも利用できるものではありません。

資金計画をしっかりたてましょう

住宅の状態は状況によりそれぞれ違います。例えば、外壁の塗り替えを行う場合、対象となる家が道路にどれくらい面しているかどうかで、足場の組みやすさが違ってきますので、費用に差が出てきます。

費用がこれくらい必要だと見積もったとしても、工事途中で追加の費用が必要になってしまうこともあります。

追加の費用が必要になっても慌てないように、余裕を持って資金計画をたてましょう。

リフォームは、そこに暮らす家族みんなが幸せになるためにするものです。

それなのに、それによって生活が苦しくなってしまっては意味がありません。

しっかりとした資金計画で、家族が快適に暮らせるように考えましょう。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

リフォームローンのご案内