【特集:リフォームローン(17)】リフォームではじめて借りる方へ

リフォームではじめて借りる方へ

年収はどのくらいあれば借りられる?

リフォームローンの利用において、年収は200万円程度あれば借りられると言われています。金融機関、融資の種類も関係してきますが、借入額を減らせば意外と借りられるものです。総量規制は適用外ですが、税込年収の40%以内など、独自の規定を設けている金融機関もあります。年収と借入額は無関係ではなく、高額年収の方ほど借入限度額も大きくなります。年収を申告するときは、嘘偽りはないようにしましょう。収入証明を提示する際に嘘がバレてしまいます。

リフォームローンを借りられない人とは

ローンという特性上、収入のない方は借りることができません。

無職の方はもちろん、学生の場合も融資の対象外となります。

キャッシングの場合は、大学生に対応しているケースもありますが、リフォームなどの目的融資においては対象外なのです。

年齢条件は20歳未満では借りることができません。

融資の上限年齢は金融機関により、60歳、65歳、70歳などと異なります。

一般的には定年退職付近の年齢に合わせているのが普通です。

借入期間をよく調べておこう

リフォームローンを利用する前に、借入期間をよく調べておきましょう。

借入期間は長いものでは20年、短いものでは5年となります。

高額融資を受ける方は、月々無理のない返済額を設定する必要があり、その際に重要となるのが借入期間なのです。

短期間で返済する場合、月の負担額は大きくなります。

借入額が大きくなると、5年返済では対応できない方もいるでしょう。

最長何年まで借りられるのかよく調べておきましょう。

融資の振込方法と返済方法

リフォームローンの融資方法は、口座振込がほとんどです。

高額融資になるので、窓口で受け取るケースは少ないです。

返済方法については、返済指定日を設定したうえで、毎月返済していく方法が基本となります。

そのほか、繰り上げ返済により、残額を返済する方法もあります。

残金の一部・全額を繰り上げることで、利息を大幅に減らすことができるのです。

繰り上げの手数料については、金融機関、返済方法などで有料・無料は異なってきます。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

リフォームローンのご案内