【特集:リフォームローン(16)】リフォームローン利用の前に知っておきたいこと

リフォームローン利用の前に知っておきたいこと

借りられる年齢は何歳から

リフォームローンを利用できる年齢は、20歳以上とするのが一般的です。

融資は社会的責任を負える年齢にならないと利用できないので、20歳未満の未成年には対応していないのです。

一部の融資は親が保証人となることで利用できますが、リフォーム目的の融資の場合は不可となります。

一般的な借入可能な年齢は、20歳以上65歳以下とするのが普通です。

上限年齢は定年退職の年齢に合わせているため、65歳前後となっています。

勤続年数はどの程度考慮される?

融資の利用において、審査では必ず勤続年数を調べられます。

年収だけで判断しないのは、収入の安定性を考慮するからです。

転職の多い方よりは、少ない方のほうが審査では有利となります。

勤続年数については、キャッシングよりも厳しくなっており、3年以上に設定しているケースが多いです。

勤続年数が極端に短い方は、年数を重ねたうえでローンを組むのが理想ですが、融資相談をすることで融資に対応してくれる場合もあります。

リフォームローンの用途は住宅設備資金

リフォームローンの使い道は住宅設備資金となります。

補修、改装、増改築などに利用できますが、別荘の購入資金にできるローンもあります。

用途は融資により違いがありますので、使い道に合った融資を選んでください。

借り換えを希望する場合は、借り換え対応した融資を選びましょう。

返済実績が優良な場合は、借り換えに対応してくれるケースが多いです。

過去に遅延が多い場合は、審査に通らない可能性が高くなるので注意しましょう。

担保・保証人は必要なのか?

担保・保証人の設定条件は、金融機関により異なります。

担保は原則不要が多いですが、500万円超といった高額融資になる場合は必要となることもあり、住宅ローンの抵当権を担保とする場合もあります。

保証人は原則不要とする金融機関が多いですが、審査結果によっては必要です。

連帯保証人・債務者などを立てる必要があります。

担保・保証人を用意できない方は、これらが完全に不要な融資に申し込むといいでしょう。

借入額により、担保・保証人の条件が異なる融資も多いです。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

リフォームローンのご案内