【特集:リフォームローン(15)】家を大切に使うならリフォームローンは無くてはならないサービス

家を大切に使うならリフォームローンは無くてはならないサービス

リフォームをする為に費用が掛かるのは当然の事

マイホームを購入した当時とは異なり、ある程度の時を経ればどうしたって、傷んできたり修繕が必要な箇所というのが出てくるのは致し方無い事です。

しかし一般的にはその様な修繕等のリフォームを行う場合には当然、費用が必要になります。

100万円近くするリフォームは珍しくない

いくつか例を挙げてみましょう。

一般宅の洗面所で、サッシにサビが入ったりしているのでその交換と、内装を明るい色に変更したいという要望を叶える為の施工を行った実例があります。

また、同じ水回りで言うと従来の台所を、有名メーカーのシステムキッチンにする事も出来ました。

加えて言えばリフォームというのは屋外の場合もあり、コンクリート製でいつの間にかヒビが入っている外壁を修繕し、サビ防止の為に塗料を、上塗りを行う施工も可能です。

これらの作業を行えばそれなりの高額が要求されて、当然でしょう。

つまり、大半の事は施工して貰えるけれども、依頼したい内容が多岐にわたるほど、高額になる可能性もあるという事を認識し準備しておく事が必要だという事です。

金融機関に直接相談する場合

手もとに一括払い出来るだけの予算があれば何の心配もありませんが、一般的にはどこからか融通を受ける必要があります。

今日日の銀行によってはリフォームという文言の入ったローン商品が、カタログ等に掲載されていないので対応して貰えないのではないか、と考える人がいるかも知れません。

しかし、その様な心配は無用です。

銀行側も商売ですから、たとえリフォーム専用ではなくても代用となりえるローンサービスを、色々と紹介してくれるでしょう。

この時に気を付けたいのが金利を上乗せして支払う必要があるという事実であり、最終的な支払額がいくらであるかを把握するという事です。

即断せずに良く吟味し、少なくとも3行以上に相談を持ち掛け比較検討し、じっくりと時間をかけて判断すべきでしょう。

リフォームローンの種類

またこのタイプのローンには変動金利タイプと、固定金利タイプがあります。

変動金利は金利が一見低く設定されていますので、魅力的に写るかも知れませんが、金利の上昇と共に完済しなければならない額も上昇し、慌てて繰り上げ返済することになってしまう可能性があります。

対して、固定金利タイプには金利変動が無いという意味では安心感はあるでしょうが金利が下がれば、その恩恵を受ける事が出来なくなるでしょう。

いずれにしても、貯蓄にある程度の余裕を残しつつリフォームを実行するのが賢い方法と言えます。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

リフォームローンのご案内