リフォーム時の予想外の費用に気を付けましょう

リフォーム時の予想外の費用に気を付けましょう

 

家を購入したりリフォームしたりするときに、まず考えなければいけないのが「いくらお金がかかるのか?」ということです。予算はあらかじめ決まっているでしょうから、その範囲内で収まるように計画を立てないといけません。

新築住宅の場合にはしっかりとした見積もりを出してもらえば、それ以上に予想外の費用がかかるということは少なく、きちんと定めた予算内で施工することが可能です。

 

気を付けなければいけないのは、リフォームの場合。リフォームは壁の中や床下といった見えない部分をある程度予測しての見積もりしか出すことが出来ず、いざ解体してみると柱が腐っていて、補修工事が必要になることもあるのです。

わずかな補修で済むようなものなら大きく予算オーバーするということはないですが、かなり大掛かりな補修が必要になってくると費用がかさんでしまいます。また柱や梁の位置が正確に把握できていなかった場合には、間取りや資材から大きく変更せざるを得ないこともあります。

 

そしてもう一つ意識しておかなければならないのが、工事費用以外のお金のことです。

事務手数料や保証料、印紙代などの手続きのための費用が工事費用とは別に発生することも頭に入れておかなければなりません。これらの費用を考慮せずに予算を立てていたという人は意外と多いようで、手続きを進めていく中で「ここにもお金がかかるのか!」と驚くようです。

このように、リフォームは予想外の費用がかかることが少なからずあります。

そのため最初の見積もりの段階で予算ギリギリまで詰めてしまうと、後々予算オーバーしてしまうことになります。

 

大切なのはまず施工業者とよく打ち合わせをし、綿密な見積もりを出してもらうこと。

そして事務手数料など予め想定できる費用についても考慮しておき、予算に余裕を持った資金計画を立てることです。

これらを押さえておけば、いざ想定外のことが起きても焦ることなく工事を進めることが出来るはずです。