【特集:リフォームローン(2)】リフォームにはどれぐらいの費用が必要か

リフォームにはどれぐらいの費用が必要か

傷みを改善しよう

家は住んでいるうちに使いづらい部分が出てきたり、傷みが進んでくる部分がありますが、放置していると家の耐久性や影響が出てしまう場合があります。

大切な家を長く使っていくためにも雨漏り、屋根の傷み、外壁のひび割れなどは早めに直しておくことが大切です。

リフォームを行うと傷んだ部分を直すことができますので、より丈夫に保つことができ、安心して暮らせるようになりますし、壁紙や床の張替えをすると外観の美しさを取り戻すこともできます。

費用はどれぐらい必要か

リフォームをすることを決めたら、まずは費用がどれぐらい必要か調べていきます。

インターネットでもある程度費用の目安を知ることができますので、業者のホームページやパンフレットに記載されている施工例などを参考にしてみると良いでしょう。

そして実際に工事をするとなると業者が見積もりを出しますので、具体的な費用を知ることができます。

提示された金額が予算内であれば、無理なく支払うことができますが、ときには予算がオーバーしてしまう場合もあり、その場合は足りない分を用意する方法を考えていかなくてはいけません。

ローンも検討しよう

足りない分は定期預金を崩して工面するなどという方法もありますが、できるなら預金は崩さずに置いていおきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

足りない費用を補う方法としてはローンを利用するという方法もよく選ばれています。

リフォームローンは通常のローンより低金利となっていることが多く、長期間に借りられますので無理のない返済を行えるのもメリットです。

とはいえ、長期間の借入となるとそれだけ利息の負担は増えてきますので、毎月の支払い額だけではなく総返済額がどれぐらいになるのかも事前に調べておきましょう。

無担保でも借りられる

借入時には担保が必要というローンも多くありますが、リフォームローンの場合は無担保で借り入れることもできますので、抵当権の設定手続などの手間もかかりませんし、すでに家という資産を持っていることもあり、審査も早い傾向にあります。

無担保だけではなく有担保で借りる方法もあり、自宅を担保で借りるとさらに低金利で借りることも可能です。

特徴はそれぞれ違いますのでよく比較して最適な借入方法を選びましょう。

楽しく明るい笑顔リフォームのリフォームローン

当店でも、リフォームローンのお取り扱いがございます。お客様のご状況をしっかりお伺いし、ピッタリのプランをご提案いたします。ご検討の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

リフォームローンのご案内