神奈川土建 川崎支部 『執行委員会』に出席

本日は弊社社員全員が所属する「神奈川土建」の川崎支部で毎月2回行われる執行委員会に出席しました。ということで、この記事を書き終わったのは夜の23時です!

執行委員の多くは野帳場と言われる大規模現場の親方もしくは職方、町場と言わる一般住宅現場の親方または職方ですので、日中は皆さん現場にでて仕事しています。ですので神奈川土建直属の事務方以外の出席に合わせるため、夜19時30分~21時00分の1時間半で行われています。日中現場で疲れていても次の受注確保をするため、夕方から夜中にかけて見積書を作成したりしてる人が多いので、いつも必ず執行委員全員が集合するわけではありません。

また執行委員とは言え、基本的にボランティア活動みたいな感じですので、強制力もありません。とは言えさすがに交通費も駐車場代も何も無いのではあまりにも可哀想なので、活動費として1回2,000円が支給されます。神奈川土建の組合員さんで我こそはとお考えの方がいらっしゃいましたら、すぐさま執行委員へご推薦申し上げますのでご一報くださいませ!悪いことばかりでは決してありません。良いこともありますし、メリットも必ず生まれます。お仕事が繋がったり、仲間が増えレクリエーションの機会が増えることも大きな魅力です。

そして神奈川土建の魅力の一つとして、組織力を生かした団体割引が数多く適用されます。そのうちの一つが、本日議題の中に上がっていた「足場組み立て安全講習」を川崎支部(川崎区・幸区)で執り行うというものがありました。今のところ日程調整中ですが2017年3月あたりに一人3,500円というローコストで実施する予定です。足場組み立てと言うと、いわゆる足場屋さんでないと必要ないと勘違いしてしまいますが、実際には脚立と脚立に足場板を渡すだけでも立派な足場とみなされて、足場組み立ての修了が必須となります。よくクロス屋さんが天井を貼るときに使う、馬(うま)なんかも立派な足場と分類されるようです。万が一、そこから落ちてケガしてしまったけど安全講習を修了していないばかりに、責任問題にまで発展してしまったなどの悲劇を免れる意味でも「転ばぬ先の杖」として受講してみてはいかがでしょうか。

もちろん神奈川土建の組合員さん限定となっていますので、組合員さんはリーズナブルに受講できるチャンスですから奮ってご参加ください。まだ組合員さんでは無い方も加入していだければ参加可能ですので、メリットが多く3万人の組合員数を誇る県下最大の神奈川土建に加入してみてはいかがでしょうか。こちらもご一報くださいましたら加入申込書をお手配いたします。

今日はバタバタでの出席でしたので、まだまだ発注・見積り・事務作業など山積みにお仕事が残っております。
御見積書をお待ちの皆様、めげずに頑張って順番に仕上げてお渡しします。
お待たせしている皆様、今しばらくお時間をくださいませ!