当社は国土交通省「住宅ストック循環支援事業」に事業者登録を行いました

リフォーム業界の荒波にもまれる親バカです。

年の瀬も迫りましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

大変ありがたいことに、たくさんのお見積や施工のご用命をいただいておりまして、ブログの更新がしばらくできておりませんでした。皆様お問合せ・ご依頼ありがとうございます。

さて、当社は国土交通省「住宅ストック循環支援事業」に事業者登録を行いましたことご報告します。

類似した用語として「エコポイント」はご存知の方も多いのでは。
「エコポイント」と聞くと「あーちょっと前にそんなのあったよね、エアコン買い換えたわ~」
と、何となくなじみがありますが「住宅ストック循環支援事業」とは何だか難しそうな言葉ですよね。

「住宅ストック支援事業」というのは、リフォーム・設備導入関連で補助金がもらえる「エコポイント制度」のようなものとご理解いただければと思います。

適応要件がいろいろあり、
少しカタい話なので、私なりにまとめますと
当社でこの制度利用をお勧めできるお客様は以下のような方たちです。

■お勧めお客様タイプ

【タイプ1】戸建の方で、お風呂のリフォームを考えている方

お風呂(ユニットバス)のリフォーム時に、給湯器の交換も同時に施工させていただきますと、お風呂と給湯器を同事業対象製品(エコジョーズ等エコタイプの給湯器)をお選びになることで、10万円ほど補助金がもらえます。
工事費はお選びになるモデルなどにもよりますが、総額130万円~150万円前後になります。

【タイプ2】マンションの方で、お風呂のリフォームを考えている方

お風呂(ユニットバス)のリフォーム時に、トイレも交換させて頂きますと、トイレを節水モデルをお選びになることで、10万円ほど補助金がもらえます。
工事費はお選びになるモデルなどにもよりますが、総額130万円~150万円前後になります。

【タイプ3】昭和56年6月以降に建った戸建の方で、フルリフォーム(耐震補強工事や断熱工事)を考えている方

こちらは、インスペクション(建物の専門家による調査)費用や、リフォーム費用が最大で30万円(耐震改修を行う場合は45万円)補助されます。

耐震補強工事や断熱材の交換をする場合は、内側の壁紙も剥がして補強材・断熱材を入れますので、同時に壁紙下地・クロス交換などの工事なども派生しますので、どうしてもリフォーム費用の総額も大きなものになってきます。補助金額は大きいですが、適用を受ける為の要件がかなり多岐にわたりますため、300万円~500万円程度/戸の、フルリフォーム・スケルトンリフォームをお考えの方にお勧めです。

長い話になってしまいましたが、
・お風呂リフォームを考えている方
・戸建でフルリフォームを考えている方

は、同制度が適用されるプランを提案できますので、ぜひご検討ください。

■国土交通省「住宅ストック循環支援事業」に関するページ
https://stock-jutaku.jp/
■当補助金制度の適応機種や補助金額に関するわかりやすいチラシ(TOTO様サイトに遷移します)
http://www.toto.co.jp/products/jutaku-stock/images_1611/tdy_goudou.pdf
※当社はTOTOリモデルクラブの正規代理店です。