脱衣所の床、洗濯機の下部分が腐ってしまった

本日の一問一答

Question

脱衣所に洗濯機を置いているんですが、床が腐ってしまいました。 1.5畳くらいの脱衣スペースに洗濯機と洗面台を置いているんですが ここの床部分をすべて取り換えるといくら位かかりますか。

Answer

荒波にもまれる愛妻家で恐妻家の親バカがお答えします。

脱衣場にある洗濯機の床が腐る原因のほとんどは、洗濯機からの漏水です。漏水と言ってもホースが破れ、ちょろちょろと排水が染み出てしまっていて気が付いていないなどの深刻なケースもありますが、洗濯槽が回る際に微妙にこぼれたり、濡れた衣類を途中で引き上げたり、洗剤カスなどが気になってスポンジで拭き取った際に洗濯槽と筐体の間から床にしみ出すことも考えられます。

また、最悪の場合は床下の排水管が詰まっていたり、強引に詰まりを掃除したために排水管が緩んでいたりと、考えられる原因はいくつかあります。

質問者さんのように床が腐った場合には、洗濯機と洗面台をいったん取り除き、床下地を組み直してコンパネなどを貼ってから、仕上げ材を重ね貼りした上で、今度は漏れても平気なように洗濯機パンなどを設置したのちに戻すような工事になります。

この際に考えなくてはならないのは、洗面化粧台を新しくするのか否かです。脱着工事のみと新しくした場合の差額は、商品代のみになります。

洗面化粧台がまだまだ新しく、使えるのであれば必要ありませんが、10年以上経過していてどことなく古ぼけてきたと感じるようなら、ここで奮発して交換することをおススメします。

理由はいくつかありますが、10年を経過すると洗面化粧台は加速度的に痛みはじめ、電灯などの電気系、水栓のパッキン類、止水栓のパッキン類、シールテープの劣化、排水溝パッキンの劣化、兆番の老朽化など、痛む箇所は割と多いです。

まして若干の湿気をいつも帯びている場所ですから、痛みも速めなのが特徴となっているのです。

さて、質問者さんのご質問へのお答えとして、洗面化粧台を変えたとして20万円~50万円程度となります。

価格に開きがあるのは、洗面化粧台をどの程度のグレードにするのか、床の仕上げ材は何を使うのか、クロスは交換するのかなど、不明点が多いために広めのレンジになっていますが相場観としては間違っていませんのでご安心ください。

ご質問ありがとうございました。