ユニットバスのメリット

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

 

みなさん、ユニットバスと聞いて「使いにくそうだな」「シャワーカーテンの衛生面も気になるし、何となく嫌だな」「絶対お風呂とトイレは別がいい。」というイメージを持っていませんか?
料金が手頃なビジネスホテルの一室や、一人暮らし向けの費用を抑える為の賃貸物件などをイメージしがちですよね。

みなさん誤解しています。おそらくみなさんはお風呂とトイレが一緒になっているものが、「ユニットバス」と認識されていると思います。

しかし厳密に言うと、ユニットバスとは「周りの壁、天井、床が一緒・一体(ユニット)になっているお風呂」を指します。
このため、ユニットバスの中にはお風呂とトイレが別になっているものもあるのです。壁や床と浴槽を同時にセットするタイプの(トイレを含まない)ユニットバスは、何種類かの寸法で規格がきまっており、施工費も従来型のタイル張りのタイプのお風呂よりも抑えられることが多く、リフォームも総取替しやすいため、最近の分譲マンションや建売一戸建てでは標準的に採用されるようになっています。

「トイレが別」のユニットバスの例についてご説明したところではありますが、今回のお話ではは「お風呂とトイレが一室になっている」タイプの、ユニットバスについてご説明してまいります。

冒頭でもお話した通り、みなさんユニットバスにネガティブなイメージを持たれていると思います。ですが、ユニットバスにもメリットはあるんです。
そこで今回は、ユニットバスのメリットについて紹介します。

1点目は、掃除が楽なことです。
シャワーが使えるため、トイレ掃除がとても簡単になります。シャワーで流した後でも水は排水管に流れていきますし、時間をおけるなら換気扇を点けっぱなしにしておけば乾くのでわざわざ水気を拭き取る必要もないのです。

お風呂とトイレが別だと、まとめて掃除することができませんし、トイレの水洗いは一般家庭では現実的ではありませんよね。結構面倒に感じている人も多いのではないでしょうか。特に一人暮らしの男性だとトイレ掃除を頻繁にする方も少ないと思うので、お風呂とトイレをまとめていっぺんに掃除できるのはかなり便利だと思います。

2点目は、水漏れの心配がないことです。
ユニットバスの壁面や床面に使われている素材自体にほとんどの場合、防水機能が付いています。それに加えて、防水において大切である壁と床の繋ぎ部分一体となっているため、カビや水漏れの原因になる隙間がありません。
また、付随的な効果として隙間がないことから断熱効果も高まります。

3点目は、省スペースで設置できることです。
お風呂とトイレが一つの空間に集まっているので、それぞれ別になっている場合よりも、面積が少なくて済みます。その分、寝室やリビングなど他の居室用の部屋にスペースを当てられます。

以上のようなメリットがあります。
まめに掃除するほどきれい好きでない、いつもシャワーしか浴びない、リビングなど他の生活空間が広い方が良いという人は、ユニットバスがオススメです。
最初は嫌だと思っていても案外慣れてくるものですよ。是非検討してみてください。