オール電化のメリット

オール電化のメリット
冷暖房やキッチン、給湯など、生活に必要なエネルギーを全て電気でまかなうスタイルをオール電化と呼びます。最近、電気とガスを併用するスタイルからオール電化に変える方が増えてきています。

今回はそんなオール電化のメリットについてです。

 

まず一つ目は、ガス代がかからないことです。オール電化は全て電気でまかなうのだから、ガス代がかからないのは当たり前なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、単に今までのガス料金分が電気料金に加算されるわけではないのです。

なぜなら、たとえ全く使っていなくてもガスの基本料金はかかります。ガスと電気を併用した場合、どちらにも基本料金が発生します。

それを電気一本にまとめることで、ガスの基本料金を節約することができます。つまり、少なくともガスの基本料金分はお得になる計算です。

 

二つ目は、火災に対する安全性が高いことです。

オール電化にすると、キッチンはガスではなくIHクッキングヒーターになります。ガスと違って火を直接使わないため、火事を防いでくれます。したがって、ご高齢の方や子どもがおられる家庭には大きなメリットではないでしょうか。

ただ、火を直接使わなくても熱により調理器具は高温です。火傷や発火の恐れは十分にありますので気をつけてください。また、IHクッキングヒーターは鍋を置く部分が平らですので、掃除が簡単です。今まで大がかりだと思われていた調理面が、拭くだけできれいにできるのです。

 

三つ目は、空気がきれいなことです。

ガスは燃焼の際に空気中に二酸化炭素を増やすため、こまめな換気や不完全燃焼などの心配があります。またプロバンガス・都市ガスともにH2O、つまりかなりの量の水蒸気を発生させますので、ガス燃焼中はキッチン内がIHクッキングヒーターよりも湿気ぽくなります。

オール電化なら室内でガスを使わないため、室内空気が汚れずクリーンな状態を保ち、ガスよりも水蒸気を発生させないことからカビの発生などの心配も少なくすることができます。

 

最後にオール電化は深夜料金があります。

昼の電気代が高い分、夜になれば電気代がかなり安くなる契約があります。その深夜電力プランを利用し、深夜に高温水を作り保温しますので、電気代もかなりの節約になります.。したがって、共働きの夫婦や昼にあまり電気を使わないご家庭にはぴったりであると言えるでしょう。