知って安心!知って得する!増築リフォームで知っておくべきポイント〜費用編〜

%e5%a2%97%e7%af%89%e5%be%8c%e7%b7%a8

 

前回の記事では、増築に関する確認事項についてお話ししました。増築は今までよりも床面積が増えるので、それなりに周りに住んでいる人への影響が出ます。その影響からトラブルが起きないようにするための決まりです。決まりの中で最適な選択をしていきましょう。

さて今回は増築に関する費用についてのお話しです。増築と一言で言っても、場所や要望によって相場の費用が異なります。予算があると思いますから、予算内に最適な選択ができるように、費用について詳しく見ていきましょう。

■費用が高くなる場合と低くなる場合

増築と一言で言っても費用はピンキリです。場合によっては高くなったり低くなったりします。ではどのようなときに高くなったり低くなったりするのでしょうか?

費用が高くなる理由の例は、以下の通りです。

・増築箇所が2階部分
・水回りの工事が必要になる増築
・耐震補強工事が必要になる増築
・お風呂やキッチンなど住宅設備の購入が必要な増築
・内装や外装が必要な増築

費用が高くなる代表的な増築工事は、上記のものです。単に床面積を増やすだけでなく、プラスα何か必要なことがある場合に費用が高くなる傾向があります。例えば、2階を増築する場合は柱の問題など安全上、構造計算が必要になりますので床面積だけでは事が済みません。

対して、費用が低く抑えられる場合にはどのような工事があるのでしょうか?
費用が低く抑えられる条件の例は、以下の通りです。

・増築箇所が1階部分
・木造建築の増築
・庭が利用できる増築しやすい環境である場合
・ベランダやバルコニー取り付けなど、簡単な増築

傾向としては、増築のしやすさが基準となっています。

■場所ごとの相場の費用は?

では具体的に場所ごとにどれくらい費用がかかるのでしょうか?
一般的な例とされるのは下記のものです。

・お風呂:約200万円
・キッチン:約200万円
・和室→洋室:約300万円
・トイレ:約150万円
・子供部屋:約300万円
・バルコニー:約300万円
・リビング:約500万円

これらの費用はあくまで目安でメーカーや業者によって前後するので、複数社に見積もりを出してもらって比べてみるのがオススメです。
また、増築を希望する方で一番多いのは10畳ほどの広さです。10畳の増築だと、坪単価を50〜100万円とするならば250〜500万円程度の費用がかかります。10畳だと子供部屋の広さにも当てはまってきますから、もし子供部屋を追加したい場合は250〜500万円程度費用がかかることを想定しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
前回と今回に分けて増築に関することを紹介してきました。法律の規定やかかる費用など増築には知っておくべきことがたくさんあります。今回の記事がみなさんが増築を検討するときに役立つことを願っています。