快適な暮らしになるかは紙一重!ベランダリフォーム成功の3つのメソッド

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0

 

暖かい日の昼間はベランダに出て優雅にお茶する

このような場面に憧れたことはありませんか?
ベランダで優雅にお茶なんて洋画の世界みたいですね。

日本でベランダのイメージとして洗濯物を干すための場所というイメージが強いですが、ベランダは洗濯物を干すだけのものではありません。

そうです、日々の疲れを癒す場でもあるんです。ベランダを洗濯物を干すだけの場所にするか憩いの場とするのかはあなた次第で変わります。そこで今回はベランダやバルコニーで快適な暮らしを実現する空間にするためのリフォームのポイントを紹介します。

■デザインや素材、サイズ選びで我が家をセンスアップ

ベランダやバルコニーは主に道路と面していることが多いと思います。そこで重要なことはデザインや素材、サイズ選びです。ベランダやバルコニーは家の外観のイメージを決めるポイントの一つです。「あれっ?」と思うようなデザインでは、落ち着くものも落ち着きません。

また、ベランダやバルコニーからの風通しの良し悪しは、家そのものにとっても、くつろぐあなたにとっても、大切なことです。ナチュラルな空気感を持つウッド調、モダンな雰囲気を作るメタル調、和風の家にあった格子タイプなど、建材業者やメーカーによって種類は様々なので見比べてみてください。

■アウトドアリビングであなただけのくつろぎ空間を

外観のデザインが決まれば次は内部のデザインを決めていきましょう。このベランダやバルコニーの活用法として最近注目されているアウトドアリビングにすることがオススメです。

アウトドアリビングとは室内とつながっていて一体感をもつ外に開かれた空間のことを指します。アウトドアリビングでティータイムやBBQを行う人や、アウトドアリビングを書斎として使う人も増えてきています。床の高さを室内の床と合わせることで空間が大きく広がりますし、統一感があっておしゃれですね。

■屋根やオーニングをつければ天気に関係なくくつろげる

ベランダやバルコニーで一番気になるのが天気の問題だと思います。いくら環境を整えても雨の日に濡れて台無しになっては意味がありません。そういったことがないように、可能であれば屋根の取り付けがオススメです。屋根があることで雨に濡れずに日が当たり、よりくつろげるだけでなく洗濯物を干して外出しても少雨なら大丈夫。

また、音楽が好きな人であれば、屋根があることでアウトドアリビングにコンポを置いて音楽を楽しむことができます。屋根があるだけで、ベランダやバルコニーの使用選択肢が増えてきますので検討してみてください。

■水道が使えるスロップシンクや屋外防水コンセント、折り戸で利便性を上げる

アウトドアリビングとしてベランダやバルコニーを利用するときは、ベランダの水を使った掃除が簡単にできる、スロップシンクや防水コンセントの設置もお勧めです。
また、リビングとひとつなぎにする場合は、段差のない掃き出し窓に、折り戸で開口部を広くとり、床材などの色や質感を整えるとと一体感が生まれます。

■マンションにお住まいの方の場合

マンションではバルコニーをウッドデッキにして、リビングから素足で行き来できるようにするなど素敵ですが、ベランダバルコニースペースは、原則として共有設備であり勝手に工事することはできませんので、取り外しやすいパネルタイプのデッキを選択するとよいでしょう。
ベランダやバルコニースペースにつながるリビングなどの居室のフローリングを合わせたりすることで、一体感をもたせることが可能です。最近ではアウトドアリビングが可能な、段差のない掃き出し窓タイプのマンションも増えてきています。

以上のようなポイントをベランダやバルコニーのリフォームに活かしてみてください。あなただけの理想の空間を作り、後悔のないリフォームにしましょう。