リフォームの優遇税制とは?

リフォームの優遇税制とは?

 

マイホームに、必要なリフォームを施したとき、税金が戻ってくるというリフォームの優遇税制というものがあるのをご存知でしょうか。なんとなく聞いたことはあるけれど、詳しい内容まではちょっとわからないという方もいることでしょう。

それは、一定の条件を満たす耐震工事、バリアフリー、省エネのリフォーム時に税金が控除される制度があるといわれているものなのです。

もちろん、どのようなリフォームでもすべて税額が控除されるというわけではありませんが、知らないでリフォームするよりも、この制度を使ってお得にリフォーム出来る場合もありますから、事前に調べることは大切でしょう。

 

さて、工事の内容としては、いろいろと国が決めた基準がありますから、詳しくはリフォームをお願いする前に聞いてみると良いのではないでしょうか。たとえば、投資型減税であれば入居した年に10%が所得税額から控除されることになっています。

 

また、ローン型減税や住宅ローン減税など、所得税の優遇措置には3つの種類がありますので、利用者のタイプによって選ぶことが可能です。

なお、これらやバリアフリーおよび省エネの工事のときに、確定申告をすることで所得税額から一定割合控除される制度があると周知されています。

 

さて、リフォームに関する優遇措置は、所得税だけに限ったことではありません。

家を所有するものに毎年課税される固定資産税も、マイホームに対するリフォームで優遇措置が条件によって受けられることになっています。このように、国は耐震工事の促進や、住宅のバリアフリー化、省エネ対策に関するリフォームを国民が積極的におこなうことが出来るように、いろいろな優遇措置を打ち出しています。

これらは、期間限定のものですが、国の政策によって延長することもありますから、正しい情報をキャッチして、住宅のリフォームに役立てると良いでしょう。

 

詳しいことは、国やさまざまなホームページに載っています。

 

友だち追加数

▲もっと詳しく知りたい方はLINEで質問OKです。

『楽しく明るい笑顔リフォーム』を友達追加しよう!