リフォームの予算がオーバーした場合

リフォームの予算がオーバーした場合

一般的にはリフォームを行う際には、リフォームしたい場所を業者に見て貰って見積を取るのが普通です。

リフォームの見積は、自動車などの修理と違って、悪い部品だけ交換すればよいと言うわけにはいきませんから、直すか所に付随して建材を新しくしたり、周辺をついでにリフォームした方が結果としてお得、というような提案を含み、結果として高額な料金になってしまうようなことがあります。

 

確かに何度かに分けてリフォーム工事を行うよりも、人件費や養生費用、工事日程からも一度でまとめて行った方がお得なケースもありますが、このような予算オーバーにはどのように対処すれば良いでしょうか。

 

ありがちなのが、同じ工事内容でより安く工事をしてもらえる業者をいくつも探して相見積で対抗値引きをさせて、初めの予算から大きく離れないようにするという方法です。

しかし工事費が相場よりとても安いというのには、理由があるはずです。

素人にはわかりにくい面で、材料や工法を安く仕上げるという方法が実施される事は確実ですから、悪く言えば手抜き工事のような品質になる可能性が高くなります。

決まったメーカー製品を購入するのとは違って、リフォーム工事は値切れば値切るほど質が悪くなる事が当たり前なのです。

 

上記の理由からも、質を落とさず予算に近い金額で行う為には、「リフォームの範囲を狭める」か、「建材などのグレードを下げる」事が必要です。

範囲を狭めるというのは、あれもこれもと欲張って一度にリフォームしてしまおうと考えずに、リフォームが必要な範囲を絞るという考え方です。

 

「グレードを下げる」というのは、一部の範囲のリフォームのグレードを下げるという考え方です。将来的に影響がありそうな大事な部分は、上等なリフォームとし、そうでない部分は安い工事で間に合わせるという考え方です。

家屋の維持に大きな影響を及ぼすような部分は、高価でも確実な工事をしておく方が結果的には得だということは、ご納得いただけると思います。

 

いずれにしても、元々直したい所はどこだったのか、というリフォームの優先順位を再考する事が必要です。