和室の活用法

和室の活用法

 

 

昔ながらの畳の床が広がる和室は今でも人気があります。

和室には様々な活用方法がありますので、新しく住宅を建てる方でも、和室を取り入れる方が増えています。

そこで、和室の様々な活用法について見ていきたいと思います。

 

まず、和室には「独立タイプ」、「セミオープンタイプ」、「オープンタイプ」の三つがあるということをご存知でしょうか。

それぞれのご家庭の生活スタイルによって、どのタイプを使用するのか選ぶことが可能です。

 

1.独立タイプ

こちらは昔ながらの床の間があるタイプで、一部屋全てが和の空間になっており、障子やふすまでしっかりと仕切ることが出来ます。

 

2.セミオープンタイプ・オープンタイプ

セミオープンタイプやオープンタイプは、リビングの一角が和室の造りになっており、建具によって開け閉めできるような空間となっています。

このようなタイプは、純和風というよりは、モダンな雰囲気の和室が多い傾向にあります。

 

いずれのタイプにも言えますが、やはり床の間があるとより風情が出て、素敵な印象になります。家の全体の雰囲気を考えて、和室のデザインを考えると良いのではないでしょうか。更に和室には、昼寝スペース、家事スペース、子供の遊び場スペースなどいろいろな活用方法があるのです。

畳の適度な硬さと過ごしやすさから、くつろぐことも家事などの仕事をすることも出来る、非常に万能な場所であることが解ります。

 

お勧めとしましては、赤ちゃんが過ごす場所として使用することです。

障子やふすまが付いている場合ですと、閉め切ればお昼寝をする際に、最適な場所となりますし、余計な段差が無い場所ですので、安全に寝たり運動することが出来ます。

和室の静かで涼しい空気感も、赤ちゃんを安心させますし、お母さんも一緒にゆっくり身体を休ませることが出来るのではないでしょうか。

このように、和室には様々な活用法があり、その家庭ごとの生活スタイルに合わせて和室のタイプも選ぶことが出来ます。

 

これからも注目が高まっていくであろう和室の新しいスタイルから目が離せません。