より安全な階段へ

より安全な階段へ

 

住宅も長く住んでいると、建物自身も劣化して来ると同時に住まう人も高齢化して来ます。

平屋建て住宅の場合には全体的にバリアフリー化していてそう危険な場所というものも少ないものですが、2階建て住宅の場合には階段の上り下りが伴い結構負担になって来ます。

特に建物の維持管理のために清掃を行うにも、足元がふらつくような状態では階段の掃除はなかなか出来ないものです。

階段には手すりが設けられているものですが、変則的なデザインが主体だけのものである場合には危険である場合もあり、実質安全とバリアフリーのために手すりの設置もおすすめとなります。

 

螺旋階段というものも危険な部類に入るとされています。

角度が変化するために転びやすく、転倒した場合に普通は踊り場で落ち着くものですがこれがありません。

高齢者が転倒などして骨折した場合には、寝たきりになる確率も高いとされています。

高齢化して来ると足腰も弱りがちになって来ますから、廊下やトイレ、あるいは浴室の浴槽附近などには本人に合わせて手すりを設けておくことも後々に工事を行うよりも後悔しなくて済みます。

 

浴室の床もタイルであったりして、石鹸で滑りやすくなっている場合も考えられます。こういう場合には床材も滑りにくいものに取り替えておくことが、大切です。

浴室が寒いという場合には、床暖房の工事を行うとか浴槽を断熱浴槽に替えるという方法も取れます。夜間に階段を使用する場合には、スイッチをいちいち探す必要のないセンサー式の足元灯を設置して安全確保することも重要となります。

 

木製の階段の場合には表面が滑らかなこともあって、靴下などを履いている場合に滑ることもあります。そのためにはなるべく滑りにくい床材に変えて、より安全な階段へ変えることも重要です。踏面全体の材料を変えてしまう方法もありますし、滑り止めのノンスリップを取り付けるという簡易な方法もあり、状況に応じて判断すれば良いと思われます。

 

神奈川県川崎市幸区に拠点を置き、幸区・中原区・川崎区・鶴見区・港北区・大田区を施工エリアとする楽しく明るい笑顔リフォームでは、リフォーム工事の相談や見積りに応じています。