書斎リフォームのポイント

書斎リフォームのポイント

 

 

自分だけの書斎は、誰もが憧れる空間です。

ドラマや映画などで主人公がコーヒー片手にに読書しながら、書斎で休日のオフタイムを過ごす、そんなワンシーンに憧れる人々も少なくありません。インドア系の趣味を持つ方や家でお仕事をする方は、「狭くてもいいから書斎が欲しい」と考えたことは一度ではないはずです。

 

 

読書やコーヒーブレイクを楽しむだけなら、自宅のリビングでも出来ます。

しかし、リビングとは生活感があり、雑多になりがちな「生活拠点」です。

 

 

子供たちの声や、テレビから流れるワイドショーの音声、窓外の雑音、家事による物音などが自然と耳に入ってきますので、落ち着いて物思いにふけるスポットにはなりえません。

また食卓テーブルで作業や作業をすると、食事の時間までには都度片付けなければいけませんので、どこか慌ただしいコーヒーブレイクになるでしょう。

 

 

やはりいつでも快適に読書や勉強に没頭したいなら、書斎リフォームの必要性が出てきます。

一般家庭では、なかなか書斎を設けるのが困難だと言われていますが、ちょっとしたスペースを書斎として利用することもできるわけで、独立した離れの個室という概念にとらわれてはいけません。間仕切り家具を利用してリビングなどの中にに書斎を置くことも可能です。

 

 

職場等でしばしば目にする「間仕切り」「パーティション」の要領で、書斎のような空間をインテリアとして演出すれば、一般家庭のリビングの中でも快適な読書空間が生み出せます。もっといえば、机の周りをついたてで囲うだけでも、集中できる場所になります。

また静か過ぎる空間では勉強や読書が捗らないが、他人の目がある程度シャットアウトされた空間が欲しい、そんな方々にもこのアイデアは効果的でしょう。

 

 

他には、ロフトタイプもおすすめです。

自室がゆったりとした広さに恵まれている方は、業者に依頼してロフトタイプにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ロフトタイプなら生活空間と読書空間を同じ個室内で共存させられます。

上下に空間を上手く分断させられますので、勉強机は散らかったままで休息や睡眠がとれますし、反対に布団をいちいち上げ下ろしせずに、毎朝起床と同時に勉強や論文、読書などの作業に取りかかれます。

 

 

新しく壁を設けたり、作り付けのオーダー書棚を製作するような書斎リフォームの場合も、まずは業者に希望を伝えて相談してみることをお勧めします。

日常生活用の空間と、自分だけの空間が分かれていると、生活にメリハリがでて毎日がより充実することでしょう。

Follow me!