「ミニマリスト」と「汚部屋女子」

こんにちは、鹿島田店無料情報館の原田です。

 

突然ですが、「家売る女」というドラマ、ご存知ですか? 

北川景子さんが、不動産仲介のトップセールスマンに扮して「家を売る」ことに関するドラマを繰り広げるのですが、、、、

先日、娘に誘われ、Huluで視聴した、第三話は、「片付けられない女」(汚部屋女子)と(ミニマリスト)の男性のお話しでした。

「ミニマリスト」と「汚部屋女子」

「ミニマリスト」とは、必要最小限の物で生きる人たち。当然部屋はとってもきれい。不要なものは買わないし、もらわない、捨てちゃう。反対に、「汚部屋女子」は、片付けられない、捨てれない、人。

 

こんな2人が一緒に暮らしていて、上手くいくはずもなく、別れている状態からスタート。
別々に部屋を探していたけれども、奇遇なことに、お二人とも北川景子さんの働く不動産で、物件探し依頼をします。

 

お互いに気持ちは消えていないけれど、生活スタイルに耐えられないものがある。
そこで、導き出した凄腕営業マンの結論は、「三階建ての狭小住宅」

「ミニマリスト」と「汚部屋女子」

 

3階には「片付けられない」彼女が。収納が少なく、狭くて通常なら好まれない、1階のお部屋には「ミニマリスト」の彼が。2階には、2人で共有できるキッチンダイニングスペースが。お互いに干渉されない空間をもつ。
というハッピーエンドでした。

 

人はなかなか変わらない。ならば、家を変えてしまおう♪

 

というお話でした。もちろん、片付けられないのは、良くないです!10月から始まるセミナーの中には、収納についても企画しております。是非是非ご参加くださいませ♪

 

 
鹿島田無料情報館では、皆様の様々なお悩みを聞かせていただきたいと思います。お気軽にお越しくださいませ。

楽しく明るい笑顔リフォーム 無料情報館 鹿島田店無料情報館 原田