外壁塗装とは

外壁塗装とは

 

家のメンテナンスの一つに外壁塗装があります。

外壁塗装と聞くとあまりピンとこないかもしれませんが、外壁塗装は家の寿命を延ばすためにはしらければならない工事なのです。今回は外壁塗装について以下の点でお伝えします。

 

1.外壁塗装とは

2.外壁塗装を塗り直さなければどうなる?

3.塗り直しの時期と目安

 

1.について

 

そもそも外壁塗装とは、家を囲んでいる壁である外壁に施します。着色することで美観を向上させたり、外壁の防水性能を高めたりするため、半製品である塗料を均一に塗り伸ばし、製品である塗膜にします。外壁塗装の塗装素材には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があり、耐用年数などの塗膜寿命と価格がそれぞれ異なります。

さらに細分化され、油性、水性1液、水性2液、溶剤1液、溶剤2液など用途や仕上りの美しさや施工難易度、価格が違います。

そのため知識のある業者と話し合った上で決定していく必要があります。

 

2.について

 

外壁は外に剥き出しの状態ですので、紫外線や雨風などの攻撃を受けます。最初は外壁塗装によってそれらを跳ね返すのですが、年数を重ねていくにつれて跳ね返す力が衰えます。外壁塗装を塗り直さなければ、外壁に負担がかかります。

例えば雨が壁に染み込むと、壁の内側の木材が腐食したり、シロアリに喰われたり、家が傾いたりといったことになります。

 

3.について

 

一般的に外壁塗装は10年前後で塗り直すことが多いです。

しかし、外壁塗装の種類や素材によって塗り直す時期は違います。

10年も経ってないのに塗装の必要があると言われたり、30年も経っているけどまだ必要ないと言われたり、といったことも考えられます。

 

いずれにせよ一生の内に数回は塗り直す場面が出てきますので、家を持つなら外壁塗装の知識は身につけておいたほうが良いと言えるでしょう。外壁塗装の塗り直しは年数だけで判断するものではありません。

目安としては、ひび割れが起こっている、色あせている、藻やサビ、カビが発生しているといったことです。

また、見た目はきれいなように見えても、塗り直さなければいけない場面もありますので、家を建てる時点で塗り直しの目安をあらかじめ聞いておくと良いでしょう。

 

外壁塗装の塗り直しをお考えなら、当社にご相談ください。