光触媒塗料のメリット

光触媒塗料のメリット

 

 

光触媒塗料とよばれる高性能塗料はご存知でしょうか。

光触媒塗料は従来の塗料にはない、さまざまなメリットを兼ね備えた塗料です。

光触媒塗料は耐用年数が従来の塗料の約二倍になると言われています。

 

費用の面では普通の塗料より高くなりますが、20年ほどの期間で考えれば、通常の塗料を使用するよりコストパフォーマンスはよい事がわかります。また、光触媒塗料は化学反応を利用したセルフクリーニング効果がありますので、汚れが付きにくいといった利点があります。

 

外壁などの塗装工事をおこなった後には、定期的なクリーニングが必要になりますが、光触媒塗料を塗った外壁は太陽光を浴びることで自然に汚れを落とす働きがあるため、定期的な掃除の手間や費用を大幅に節約することができる利点があります。

 

専門的に説明すると、光触媒塗料を塗った外壁は、二酸化チタンという物質でその表面が覆われます。

二酸化チタンは太陽光に含まれる紫外線を浴びるとで活性酸素という物質を発生させることさせます。

 

この活性酸素は、一般的に「汚れ」とされる汚染物質(窒素酸化物NOx、硫黄酸化物SOxなど)を分解する役割があるのです。

活性酸素により分解しされた汚染物質は自然の雨などで流されます。

 

また同時に、この活性酸素は壁に付着したニオイ成分も取り除いてくれる消臭効果もあるともいわれております。

このような汚れを洗い流す働きに加え、光触媒塗料には静電気をおさえる効果があり、空気中のちりやほこりを寄せ付けない働きも確認されています。

 

 

また光触媒塗料にはセルフクリーン効果以外にもさらにメリットがあります。

光触媒塗料は空気浄化機能があり、環境にも優しい塗料なのです。

近年のエコブームの中、改めて注目されている塗料であることもご納得いただけるでしょう。

 

このように光触媒塗料は上手に活用することができれば、メリット満載の魅力的な塗料です。最近では光触媒塗料を提案してくれる業者も増えていますので、少しでも興味のある方は、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。