老後のことを考えたリフォーム資金計画とは

 

老後のためを考えたリフォームをするとき問題になるのが、「資金」についてだと思います。

というのも、老後のことを考えるタイミングとなると定年に近いこともあり、収入面が若い頃のようにはいっていない場合もあるからです。

そこで重要なのが資金計画です。

今回はその老後を考えたリフォームの資金計画についてご紹介します。

・老後の住宅には利息だけを支払うローンがある

老後の場合、今後何があるかわからないからこそ自己資金をなるべく使いたくないという気持ちが強いと思います。
そんな方のために自宅を担保としたリフォームローンがあります。

どのような仕組みかというと、年齢や要件があり、それを満たしていれば貸し出しを受けることが可能なようです。
そしてどのように返済していくのかというと、利息だけを支払い、自身の死後にその土地と建物で返済する仕組みです。

その中で注目されている「リバースモーゲージ」という仕組みが挙げられます。

このリバースモーゲージとは、老後のリフォームなどに自己資金を使うのではなくて、空き家対策として家は残さずに自身の楽しみのためにお金を役立てていく仕組みです。

どのようなものかというと、金融機関から自宅を担保にお金を借り入れ、契約者の死後に契約者の相続人が担保にした建物や現金で借り入れたお金を返済する仕組みのようです。

契約者は借り入れたお金で海外旅行や趣味に使えるので、セカンドライフを謳歌できますね。

最後は遺族に十分な遺産を残そうとする方もいますが、リバースモーゲージを利用する人の中には「残す資産は何もない」と事前に遺族に伝えている人もいるそうです。

このように大切な自己資金を減らして今後わからない老後のためのリフォームに使うより、趣味や自身のやりたいことに最後まで夢中になれる方が良い人生だと思えるのかもしれませんね。

いかがでしたか?

同じリフォームでもいろいろなお金の借り方があります。

何も自己資金を多く使えば良いというものでもありません。

最適な選択は何かを考え、しっかりと調べることが大切です。
そうすることで今後の残りの人生を楽しく過ごせるのかが変わるのではないかと思います。