老後を考えたリフォーム計画〜老後の住宅リフォームの相場とは〜

 

リフォームをするタイミングは人それぞれですね。

子供の成長や子供の独立、自身の老後など様々です。

それぞれのタイミングで残りのお金をどうするのかという点で使い方が変わってくるかと思います。

中でも老後の資金は今後の生活の質を踏まえて考えると、それなりの資金を使ってリフォームしたいと感じている方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は老後を考えたリフォームの費用の相場をご紹介します。

・多くの場合は1000万円以内に抑えられているようです。

老後のリフォームとなると、多すぎる部屋の数やバリアフリー、その他のメンテナンスなどいろいろな工事が必要になります。
ある調査によると60代のリフォーム契約金額で多いのが100万円以上300万円以下、その次が500万円以上1000万円以下、そして1000万円以上と続きます。

その中で一番価格帯がわからないと言われているのが、バリアフリーリフォームです。
水回りの設備や窓のサッシ交換、床暖房など良く耳にする工事をした場合の費用は、平均的な広さの住宅では1000万円〜1500万円のように相場としての費用が定まりつつあるようです。

・何にどれくらいの費用がかかっているのかを知ろう

バリアフリーリフォームはどこに何をつけるのか人によって違ってくるので、費用の相場をすることが難しいとされています。

バリアフリーリフォームで一般的な手すりの設置でいうと、長さ50cmほどで1万円の費用がかかるようです。

取り付け環境によっても違いがあり、壁の強度の問題もありますから、壁の補強を合わせると1万5000円の費用がかかる場合もあると言われているようです。

そして、業者によっては手すり1本の設置が割高になったりするケースもあるようです。

このように費用が変わりやすいですので、おおまかな目安として一通り知っておきましょう。

具体的には6畳和室の床下げなら25万円、床上げなら15万円、洋式トイレへの交換は20万円〜40万円、浴槽の交換に70万円というふうな目安が言われています。

いかがでしたか?

人それぞれ違うバリアフリーリフォームは費用の相場を明確にしづらい所もありますが、おおまかな費用の目安を知り、資金計画を立ててみるのもいいですね。