新築そっくりリフォームへの資金の悩みを解決します〜ローンを含めた資金計画の立て方〜

リフォームの資金といえば、ローンを利用して費用を賄う方も多いかと思います。

しかし、「いくら借りれて月々いくら返していけばいいんだろう?」と具体的なイメージがなく悩んでいる方も多いことでしょう。
そこで、今回は住宅ローンを含めたリフォームの資金計画の立て方について紹介します。

■最初にどのようなリフォームが必要か考えよう

リフォームはお金がないと成り立ちません。でも、使えるお金分やりたい工事や設備の追加をするのもあまり良い考え方ではないと言われています。

では、どうすればいいんでしょうか?
それは、「この家に必要なリフォームは何なのか?」をあらかじめ考えることです。お金をある分だけ使う考え方ではなく、必要なリフォームを洗い出して、後から費用を算出して決めていく方法をおすすめします。ローンを利用すればいくらか予算の限度額が増えますが、利息や手数料などかかってきます。必要最低限の予算で最も満足のいくリフォームにしたいものです。

■いろいろなローンを調べるようにしよう

リフォームの構想が決まると、ある程度必要なお金がどれくらいなのかが見えてきたと思います。そうすれば、次はどれくらい自己資金で賄うかを考えてみましょう。貯金を全部リフォームに使ってしまうのでは、以後の生活で困ってしまうかもしれません。こういう時にもローンや融資の選択肢が出てきます。

しかし、そのローンは本当にお得になるのか確認するようにしてください。リフォーム業者は提携している銀行やその他金融機関のローンを紹介してくれることがありますが、「そのローンが必ず得をするのか?」と言われるとそうでない場合もあります。

みなさんが提携業者の金融機関で口座を作っている場合は、給与が振り込まれる口座や公共料金の自動振替をしている銀行などでリフォームに関するローンのキャンペーンをしていることがあります。人によっては普段使用している金融機関のローンを利用する方が金利等お得になる可能性があります。
もちろん、業者提携のローンでも、普段よく使う金融機関のローンでも、審査はありますが、借入先を選ぶときは是非一度確認してみてください。

いかがでしたか?
ローンを利用するからといって、お金をあるだけ目一杯使ってリフォームできるというわけではありませんよね。その後の生活のことも考えてしっかりと計画を立てましょう。