リフォーム業者選びでお悩みの方へ!相見積もりをするときの注意点

 

リフォームをするとき多くの方が複数の業者に相談してその中から一社決めると思います。

その業者選びの判断材料として、料金の違いを挙げる方は多いのではないでしょうか?
やっぱりリフォームは費用がかかるので、できるだけ費用を抑えたい気持ちはありますよね。その料金の比較のために相見積もりを行うと思います。しかし、この相見積もりは注意が必要です。そこで今回は相見積もりをするときに注意すべきポイントを紹介します。

■他社の見積書は見せてはいけない

相見積もりをする際、他社の見積書を提示してより安く見積もってもらおうと期待するかもしれません。しかし、これがトラブルのもとなんです。見積書というのは、その業者のノウハウが詰まっています。というのも、事前のヒアリングや見積もりの検討会議、過去の経験などから金額に落とし込んでいるからです。

それを他社に見せてしまうと、「外部にノウハウをバラしていることと同じだ」と受け取られる可能性があります。そうなってしまうと今後工事を依頼するにあたっての信頼関係に響きます。
業者とのやりとりは信頼関係があって初めて成立するものなので、その信頼関係を壊してしまうことは避けたいところです。
これからも親身になって相談に乗ってもらえるように見積書そのものを他社に提示することは避けましょう。

■見積もりの条件は統一しよう

見積もりは同じ条件で見積もってもらって初めて比較できるものです。その理由として、メーカーや設備の材質、塗装、種類によって金額が大きく変わってくることが挙げられます。リフォームで使用する部材や設備は少し違うだけでものによっては金額に大きな差が生まれます。そうなってくると適切な比較ができません。プランを作るときにしっかりと使いたい設備や部材などを細かく伝えるようにしましょう。
ただ、自分にあったプランを業者に提示して欲しいというような、金額以外の面を比較をするときは、条件を統一してしまうとかえって比較にならないので注意しましょう。

いかがでしたか?
リフォームはついつい自分たち都合の目線で考えてしまいがちです。しかし、リフォームは自分たちだけで行えるものではありません。必ず協力してくれる人たちが必要です。その一番の存在である業者にもしっかりと誠意を持って関わることを忘れないでください。