料理好きお母さんのための快適キッチンにするリフォームポイント

 

料理好きな奥さんにとって、台所が快適に使えるのかどうかは死活問題だと思います。

システムキッチンにはいろいろなタイプがあったり、間取りや生活動線に合わせてアレンジができるのが強みです。

そこで、今回は料理好きな奥さんのために快適なキッチンへリフォームするポイントを紹介します。

■背面収納を充実させよう

キッチンはこまごまとした、サイズの不揃いなモノが多くなります。
食器類や調味料とそのストック、調理器具など挙げればキリがないくらいです。

料理が好きな方だと道具にもこだわりがありますからより多くなるかと思います。

キッチンにモノが溢れかえってしまうとせっかく良い設備を選んでも使いにくくなりかねません。

そこで「背面収納」がおすすめです。
背面収納とは、対面キッチンの後ろ側の壁面に作る収納スペースのことを指します。対面タイプのキッチンは今戸建てでもマンションでも主流になりつつあるキッチンスタイルで、この背面収納の工夫次第でキッチンの快適さが変わると言われています。
建売住宅や分譲マンションだと、キッチン収納やカップボードはオプションで選択するようなことも多いので、リフォームで造り付けの収納を付けたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

この背面収納のポイントは「必要以上に奥行き」を作らないことと、棚の高さを変えられるようにすることです。

まず奥行きを作らないことに関しては、奥に入った物を取り出しにくくなってしまうからです。

背面収納には比較的使用頻度の高いものをしまう傾向が多く、奥行きを作っていろいろなものを収納してしまうとかえって取り出しにくくなり、不便になります。目安としては大皿がしまえるくらいの奥行きがあれば使いやすいです。

多くのシステムキッチンメーカーのカップボードのサイズは、奥行き45センチになっていますので、オリジナルのものを付けてもらうときは目安として覚えておくとよいでしょう。

次に棚の高さについては、高さを調節できるといろいろな種類のものを使用頻度に合わせてしまえるようにするためです。

背面収納は食器や保存食品、レンジやトースター、電気ケトルなどの調理家電などをしまいます。これらのものは買い換えることも想定し、その都度それに合わせた高さにできるようになっていると便利です。

■巾木収納でシステムキッチンの収納をグレードアップしよう

システムキッチンには食洗器があったり、フライパンをしまう深い引き出しがついていて収納力は相当のものですが、システムキッチン下部の「巾木収納」を忘れずにつけておきましょう。一部モデルではオプション扱いになりますが、幅の広い引き出しは使用頻度の低い接客用の食器などがたくさん収納でき、大変便利です。

■コンセントの位置も注意しよう

背面収納を付けた時は、コンセントの位置を胸の高さあたりにつけておくことを忘れないようにしましょう。これは、調理家電の電源確保のため必要な措置です。延長コードを取りまわすより、すっきりまとまり見た目がいいだけでなく、油はね汚れなどがたまりやすいキッチン周りの電源をより安全に快適に使うことができます。

キッチンはものが多くなりやすいものです。
いかに雑多な物を隠しながらすぐに取り出せるかで、キッチンの使いやすさや見栄えが決まります。
そのために収納を充実させることが快適キッチンへの近道だと思います。料理好きの奥さんは是非収納を充実させて家事をしやすいキッチンを実現させてください。