新築そっくりな家になるために!リフォーム業者を選ぶ決め手とは

 

リフォームをする時、
「新築のときのような家にしたいな」
このようにお考えの方がおられるかと思います。

せっかく高いお金を払ってリフォームをするのですから、新築のような輝きを取り戻したいですよね。そこで大切なのが、「どのリフォーム業者に任せるのか?」ということだと思います。誰にリフォームを任せるかで良くも悪くもなりますので、業者選びがリフォーム成功への大切なポイントの一つだと言えるでしょう。
なので今回は、リフォームの業者を選ぶ決め手となるポイントを紹介します。

■価格に納得できるかどうか

リフォームは高額な買い物だけに予算を無視できません。
このため、希望通りの工事に対してどれくらいの価格で取り組んでくれるのかが大切になります。

ある調査会社が行った「どのような基準でリフォーム業者を選んだのか?」というアンケートで、なによりも一番多かった回答が「価格」です。

よく相見積もりという言葉を耳にすることがあると思います。相見積もりは、複数社からの提案を比較して価格の相場を見ることです。
専門知識がない分、比較して納得するかどうかを見るのが良いでしょう。

■信頼できる人なのかどうか

専門知識が豊富でも信頼できない人にはお金は払えませんよね。この点もアンケート結果に出ています。いろいろな方に聞くと、「担当の方が親身になって相談になってくれた」という声がよく上がります。中には、「マンションの部屋にエレベーターでは運べないような部材を運び込むという無理難題に対して、A社は検討もせず無理だという回答が返ってきたが、B社は階段を使って運べないかというようなシミュレーションを行ってくれた」という経験をした方もおられるようです。このようにお客さんの希望を何とかして叶えたいというような姿勢は信頼できますよね。

以上のように「価格」も大事ですが、それと同等に大切なのが「信頼」です。今後も長く住む住まいだからこそ、信頼できる人に自分が納得した価格でリフォームしてもらいたいですよね。

価格は相見積もりで判断できますが、信頼は人それぞれです。ご自身はどのような人だと信頼できるのかということを考え、それに合う人が担当してくれるかどうかを見極めていきましょう。