リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜L型キッチン解説編〜

 

前回の記事で紹介したI型キッチンは手に入れやすい価格帯で、最も選ばれているキッチンです。使い勝手とコミュニケーションのバランスを考えてデザインするのがポイントでしたね。

今回はI型キッチンと比較されやすいL型キッチンについてのお話します。

■L型キッチンとは?

L型キッチンとは、その名の通りコンロやシンク、調理スペースの配置をL字型に曲げた形のことです。I型キッチンよりも広さがあるため、「調理がしやすい」という声をよく聞きます。

■L型キッチンのメリットは?

L型キッチンのメリットはなんといっても、調理スペースの広さです。キッチンに関する悩みの声として「水切りカゴを置いたら調理スペースがなくなってしまい、狭くて調理しにくい」「もっと広くのびのび料理がしたい」など、調理盛り付け用のスペースの不足が多く挙げられます。

家庭用のコンロは2口以上が標準ですから、2品以上を同時進行で調理する方も多いでしょう。
そんなときに調理・盛り付け用スペースが狭いとなかなか効率的に作業が進まないですよね。

そんな悩みをL型キッチンは解決してくれます。シンク部とコンロ部以外に、十分な調理・盛り付け用スペースを確保できるので、お子さんや家族と一緒に料理を楽しめるなどから評価が高いキッチンです。

■L型キッチンのデメリットは?

L型キッチンのデメリットを挙げるなら、デッドスペースができやすいことです。

L字型の造りになっていることから、コーナー部分がデッドスペースになってしまう方が多くおられます。コーナー部分に何を置くか、どう使うかがデメリットになるか、メリットになるかのキーポイントになることでしょう。

また、広いスペースを取るので、その分リビングとダイニングのスペースを減らしてしまう可能性があります。料理をするときのことを考えるだけでなく、キッチンとリビングを含めた全体の生活の様子を考えて、どれくらいのスペースを取るかを考えてみてください。

L型キッチンは一部デッドスペースになる可能性もありますが、それを差し引いてもI型キッチンよりも調理スペースを多く取れる例が多いのは、評価すべきポイントです。

料理が好きな方、誰かと一緒に料理を楽しみたい方にとってはお勧めできるキッチンだと思います。