リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜I型キッチン解説編〜

 

前回の記事ではペニンシュラキッチンについて紹介しました。
ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの良さを兼ね備えながらも、設置面の観点から選びやすいキッチンでした。

さて、今回はペニンシュラキッチンと似ているI型キッチンについてのお話です。

■I型キッチンとは?
I型キッチンとは、その名の通りコンロからシンクまでが横一列に「I」の文字のように並んでいるキッチンのことです。コンロ側を壁側にくっつけるとペニンシュラ型キッチンと似ています。キッチンの前にカウンターを作ることができるので、その点から別名「セミオープンキッチン」です。

■I型キッチンのメリットは?

I型キッチンのメリットはなんといっても、手元を隠すことができる点です。前回までに紹介したアイランドキッチンやペニンシュラキッチンは、開放的であるため、キッチンに置いたものはほぼ全て外から丸見えでした。しかし、I型キッチンは手元にカウンターがあるため、カウンターの高さを変えることで、キッチン周りのごちゃごちゃとしたコンセントや、料理から読み取れる生活感を隠すことができます。キッチン周りの生活感は他人にはあまり知られたくないことですよね。それを隠すことができるのは嬉しいポイントだと思います。

■I型キッチンのデメリットは?

I型キッチンのデメリットを挙げるなら、開放感の少なさです。先ほど手元のカウンターでキッチンのごちゃごちゃを隠すことができると紹介しましたが、カウンターがあることでキッチンが閉鎖的な空間になる可能性があります。使い勝手の利便性を取るか、家族とのコミュニケーションを優先するか、考える必要があるでしょう。

I型キッチンは普及価格帯の既製品モデルが多く、導入費用も安く抑えられるため、最も選ばれているキッチンと言われています。生活感を隠せることと外とのコミュニケーションが取れることのバランスを調整してデザインすることがポイントだと思います。