リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜アイランドキッチン解説編〜

 

前回まででオープンキッチンとクローズドキッチンの特徴を紹介してきました。オープンキッチンとクローズドキッチンは数多くあるキッチンの種類の総称のようなものです。
今回からはその中の種類を細かく見ていきたいと思います。

今日はアイランドキッチンについてのお話です。

■アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、文字通りキッチンと壁が繋がっておらず、独立した島のように位置するキッチンのことです。オープンキッチンといえばアイランドキッチンを連想する人も多いのではないでしょうか。それくらい代表的な形です。

■アイランドキッチンのメリットは?

アイランドキッチンのメリットといえば、なんといっても開放感にあります。一つの島のように独立していることから、遮るものが極端に少なくなります。そのためキッチン周りの動線がスムーズでダイニングまで料理を運ぶのも最短距離で移動できます。

共働きで忙しいご家庭の奥様にとっては家事の時間を少しでも少なくできたり、楽にできた方が嬉しいですよね。そういった点ではすごく嬉しいキッチンだと思います。

その他にも、オープンキッチン特有のコミュニケーションの取りやすさは健在です。

■アイランドキッチンのデメリットは?

対してアイランドキッチンのデメリットはというと、キッチンのスペースを広く取らないといけないことです。島のような形上、移動のための動線は普通のキッチンより多くのスペースを取ってしまいます。

スペースを狭くしてしまうと、今度は移動しにくくなるので、アイランドキッチンという良さを活かすことができません。キッチンに予定している専有面積にあまり余裕がない場合はあまりおすすめできない形です。

いかがでしたか?

アイランドキッチンは面積上も豪華になりますので、上位グレードとして扱われることが多いためか、憧れを持っている方が多いのではないでしょうか。確かに広いスペースがある分、インテリアの自由度も大きいかと思います。

しかし、憧れているからといって限られた間取りの中無理に設置してしまうとかえって使いにくく感じてしまうかもしれません。単なる憧れだけではなく、しっかりと生活スタイルや使う姿をイメージして検討しましょう。