リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜ペニンシュラキッチン解説編〜

 

前回はアイランドキッチンを紹介しました。アイランドキッチンはオープンキッチンの代表的な例で、且つおしゃれキッチンの代名詞的な存在です。広さの問題もありますが、多くの方が憧れる理想のキッチンだと思います。

さて、今回はペニンシュラキッチンのお話です。

■ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの片側が壁にくっついた形をしたものです。ペニンシュラとは英語で「半島」を意味しており、キッチン(島)が片側にくっついていて、半島のような形からペニンシュラキッチンと呼ばれています。アイランドキッチンと似ている点が多いですが、アイランドキッチンよりも広いスペースを必要としないため間取りの選択肢が多いところが特徴的です。

■ペニンシュラキッチンのメリットは?

ペニンシュラキッチンのメリットといえば、オープンキッチンの中でも清潔に保てる造りであることが挙げられます。

ペニンシュラキッチンは、コンロの横に壁がくる形が多いので、換気扇の選択肢が豊富で、設置場所も部屋の隅になることが多いですから料理のにおいが広がるのを防げます。

また、壁側にコンロを置くことが多いので、油のはねや料理の汚れが飛び散りにくいのもメリットとなります。

■ペニンシュラキッチンのデメリットは?

ペニンシュラキッチンのデメリットを挙げるなら、アイランドキッチンと比べて機動性が落ちる点です。キッチンの片側に壁がくるので、アイランドキッチンと比べると開放感がなくなります。

シンク~コンロ間の横移動が中心で、後ろを家族が通り抜ける時など少し動きにくいと感じる方もおられます。
しかし、壁の向こう側を通れるようにするなど工夫次第で、それほど不便に感じないようなアレンジも可能です。

ペニンシュラキッチンは適度な開放感と適度な作業スペースの広さ、動きやすさを兼ね備えたバランスの良いオープンキッチンと言われています。アイランドキッチンに憧れがあるものの、アイランドキッチンほど広いスペースが取れない人にはおすすめです。