リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜クローズドキッチン解説編〜

 

前回の記事ではオープンキッチンについて紹介しました。オープンキッチンは開放的で他の部屋とのつながりがあるため、コミュニケーションが取りやすいのが特徴です。
家族向けのキッチンとして特に小さなお子さんがおられるご家庭にとっては子育てにも役立つものです。

さて、今回はオープンキッチンとは真逆のクローズドキッチンについて紹介します。

■クローズドキッチンとは?

クローズドキッチンとは、他の部屋とは切り離された独立型のキッチンのことです。一般的に三方を壁に囲まれていて、一方に出入り口が設置されている形を指します。壁付きキッチンとも言われます。

■クローズドキッチンのメリットは?

クローズドキッチンのメリットは、オープンキッチンとは違い、「開放的でないところ」です。他の部屋とは繋がっておらず、どちらかと言えば隔離されている形が多いクローズドキッチンでは、料理に集中することができます。クッキングスペースがまとめられていることから、調理に無関係なものが紛れ込みにくく、「料理がしやすい」という意見が多いようです。

また、調理スペースが隠れるので多少散らかっていても隠すことができます。片付けが苦手な方には良いかもしれません。

■クローズドキッチンのデメリットは?

クローズドキッチンは、他の部屋から独立していることがメリットでしたが、考え方を変えるとデメリットに感じる方もおられます。それは、独立していることでダイニングへの動線が長く配膳が手間になる事や、孤立感です。

独立しているのでダイニングとの動線が、オープンキッチンよりも長くなってしまうことはしょうがないことでしょう。しかし、どこにキッチンを設置するかでこのデメリットは軽減することが可能です。

以上のことからクローズドキッチンは、小さなお子さんがおられるご家族向けというよりは、すでにお子さんが独立されて、お料理を趣味とされているような方にオススメだと考えます。