リフォームで新築そっくりおしゃれキッチンへ〜オープンキッチン解説編〜

 

お台所、キッチンのリフォームを検討する際

「もっとおしゃれなキッチンにしたい!」
「もっと使い勝手の良いキッチンにしたい!」

と考える方が多いのではないでしょうか。

そこで重要なのは、「どのようなキッチンを選ぶか?」ということが挙げられます。キッチンと一言で言っても種類がたくさんあり、どれにするか悩んでしまうものです。そこで今回から複数回に分けてシステムキッチンの種類ごとの特徴を紹介します。

1回目の今回はオープンキッチンについてです。

■オープンキッチンとは?

オープンキッチンとは、キッチンで作業しているときでもダイニングやリビングを見渡せる造りをしたキッチンのことです。
対面キッチンとも言います。
近年建てられるファミリー向けの間取りのマンションの多くに対面キッチンが採用されていますので、住居獲得を目的とした子育て中の方に人気のキッチンタイプと言えるでしょう。

■オープンキッチンのメリットは?

このキッチンの一番の特徴は、開放的で料理しながらでも家族とコミュニケーションが取れることです。
小さいお子さんがおられる場合特にこの点が需要だと思います。幼児期や学童期は危険回避のためにも、小さなお子さんの一挙手一投足が気がかりですよね。
テレビを見ているとき、勉強しているとき、友達と遊んでいるとき、掃除や洗濯など家事をしていても目の届くところで見ていたいと思います。
小さい頃に両親と多く質の高いコミュニケーションを取ることが情緒を安定させる、子育ての定石とされていますから、料理しながらでもお子さんとコミュニケーションが取れるオープンキッチンが人気なのも頷けます。

■オープンキッチンのデメリットは?

オープンキッチンのデメリットとしては、キッチン内部がリビングやダイニングから見えてしまうことがあります。キッチンが外から丸見えの構造であるため、汚れていたり雑然としている様子が目立ってしまったり、料理のにおいが他の部屋にも移ってしまうことがデメリットと思われています。

コミュニケーション、外からの目が一般的にメリットとデメリットとして挙げられますが、意識の変えようによってはどちらともメリットに感じる点です。今後の生活の変化のためにも検討してみてください。