今流行りの中古マンションをリフォーム!落とし穴に落ちないための注意点

%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%97%e7%a9%b4

 

最近中古マンションを購入してリフォームする方が増えています。中古マンションを購入してリフォームする方が、

・新築マンションを購入するよりも不動産取得費用が安く済む。

・自分の好みにリフォームで合わせられる。

・理想の間取りの部屋に住める。

このようなメリットをよく耳にします。しかし、これらは全員に当てはまるわけではありません。そうならない場合ももちろん存在します。そこで今回は今流行りの中古住宅リフォームでの落とし穴に落ちないための注意点を紹介します。

■間取りの変更が可能なマンションかどうかをあらかじめチェック

中古マンションと一言で言ってもいろいろなタイプがあります。全て自由にリフォームできると思われがちですが、中には間取りの変更が自由にできない構造のマンションがあるんです。
基本的に大規模な間取りの変更ができる構造が、一戸がコンクリートの壁で囲まれていて、且つ間仕切り壁がきや軽い鉄骨でできているマンションだと言われています。

対して、間仕切り用の壁もコンクリートでできている壁式構造のマンションだと、間仕切り壁の取り壊しや移動ができないので、間取り変更のリフォームができません。

以上のことからマンションリフォームでは、コンクリートでできた壁や柱、梁、床、天井は取り壊したり、移動したりできないので、リフォームすることを前提で購入する方は事前に確認しておきましょう。

■床の段差と断熱機能は必ず確認を!

中古マンションリフォームでは、細かなところにお金がかかりやすいです。よくあるのが、床の段差と断熱性能です。
床の高さを揃えるためには床組が必要で、それに加えて防音性のも求められます。このため、部屋によって床の高さが違うマンションですと、床組に必要な費用が膨れ上がってしまうのです。

そして断熱性能に関してですが、一般的にマンションは断熱機能が高いと思われています。その断熱性能が悪いと冬場は冷蔵庫のように冷たくなります。そうならないための見極めポイントは北側の壁のカビです。北側の壁にカビがあると断熱性能が不足している恐れがあるので、補修となる分の費用を予見しておかないといけません。また、いちどカビが生えた場所は、今後もカビが生えやすい箇所になってしまうので、日ごろのお手入れや湿気取り対策を予め検討しておく必要があります。

いかがでしたか?
これらのことは最低限内覧時に確認しておくことをおすすめします。中古マンションは新築以上に価格が流動的で、悩む要素も多いですがあらかじめ自分の目で見て後悔のない選択をしてください。