安心安全な住まいへ!地震に備えるためにリフォームでしておくべきこと

%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%81%ab%e5%82%99%e3%81%88%e3%82%8b%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%b8%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%93%e3%81%a8

 

地震大国日本というだけあって、いつどこで地震が起きてもおかしくありません。地震が起こってから対策しては遅いというのが傾向も高まりつつあるように感じます。

リフォームも同じことで、地震が起こる前に対策しておくことが重要です。大きな地震が起こって帰る家があるのとないのとでは大違いです。そこで今回は突然起こる地震対策としてリフォーム時にしておくべきことを紹介します。

■家族みんなが集まるリビングには家具の転倒防止を

ほとんどのご家庭で、家族みんなが集まる場所といえばリビングではないでしょうか?みんなが集まる場所だからこそ、地震が起きても家具の転倒など危険がないように対策しておきたいものですよね。もし家具が倒れてくると、家族の怪我の心配だけでなく、外に逃げる時の通路を防がれてしまう恐れがあります。そこでリビングの家具には、ホームセンターなどで入手できるL字型の金具や天井と家具の間に挟む突っ張り棒を用意して対策しておきましょう。

しかし、それだけではありません。収納もありますよね。リビングの収納家具には転倒しにくい壁面埋め込み式の収納棚を取り付けるのをおすすめします。耐震性能がついているものもあるので、安心です。

■壁はバランス良く配置しておこう

広々としたリビング、そしてそれをより開放的にしてくれる大きな窓。すごく憧れますよね。しかし耐震面から考えると、大きな窓は決して良いものとは言えません。耐震性が高い住まいというのは、しっかりとした基礎部分と壁の量がポイントです。壁が少なくて窓の多い開放的なデザインは、地震に弱くなる可能性が高くなります。まずは安全が大切と言い聞かせ、耐力壁のような丈夫な壁をバランス良く配置しましょう。

いかがでしたか?
日本の治安は比較的良い方ですが、災害面では危険因子が多いとされています。防犯面と同様に防災面も重視されてきています。災害が起こってから後悔しては遅いです。後悔しないためにも事前にしっかりと対策をしておきましょう。