建て替えとリフォームってどっちがお得なの?〜リフォームのメリット・デメリット〜

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

 

建て替えは建築基準法の制約があってできる家とできない家があり、費用も比較的にかかってしまいそうですが、もし建て替えが最適な選択肢だった場合、今まで抱えていた不満が一気に解決できてとてもいいですよね。

それもこれも全ては今回のリフォームについてのお話で比較してみてください。

■愛着のあるものをそのまま活かすことができる

長く住んでいるといろいろなものに愛着が湧いてくるものですよね。建て替えだと一度基礎から取り壊していくので、いくら愛着のあるものでも取り壊さなくてはなりませんが、リフォームだとその愛着があるものを取り壊さなくて済みます。リフォームは必要なところのみの改修や数年に分けて徐々に改修することもできるので、今ある家の状態を残しつつ、必要なポイントから直していけるので、「お子さんの成長を刻んだ柱のキズ」など、今ある家の形をできるだけそのまま残しておきたいという方におすすめです。

■建て替えと比べてコスト面を抑えることができる場合も?

今の家の状態にもよりますが、リフォームだと比較的費用を抑えることができると言われています。具体的には、住みながら行うリフォームが可能なら仮住まい用の引越し費用がかからないですし、不動産所得税など各種税金を抑えることが可能です。

しかし、古い家の場合だと免震や耐震、断熱などの機能が低い傾向にあります。基礎部分や柱、梁などは変えないとなると、家の強度には不安が残ったままです。安心と安全のことも考えて、リフォームによる耐震・免震補強工事や断熱材の追加など機能面の向上をはかるならば、その点の費用が加わることも考えなければいけません。

理想を実現するために、追加で依頼するとなると徐々に費用が膨れ上がってくることもありますので、注意しましょう。

■間取りの自由度が少ないことがデメリット

建て替えは基礎の部分から作り変えるので、間取りの自由度が利きます。一方リフォームは今ある家の構造によって間取りを変更できない場合があるのです。間取りに不満がある方は、不満の解消にならない場合もあるので、あらかじめ確認するようにしておきましょう。

いかがでしたか?
建て替えやリフォームにはそれぞれメリットとデメリットがあります。単純に費用だけを見比べるのではなく、長い目で考えることと今回のようなメリットとデメリットを頭に入れて、今お住まいの家の場合だと最適な選択肢は何かを導き出してください。