建て替えとリフォームってどっちがお得なの?〜建て替えのメリット・デメリット〜

%e5%bb%ba%e3%81%a6%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

 

築年数が経っていると選択肢に出てくるのが、「建て替え」と「リフォーム」。

このどちらを選べば良いのかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?比較の基準の一つとして費用が挙げられますが、住まいにおいて目先の費用で判断するのはおすすめできません。そこでどちらか得なのか、建て替えとリフォームのメリットとデメリットの面からお話しします。

今回は建て替えについてのメリットとデメリットです。

■そもそも建て替えとはどういうものを指す?

建て替えとは、今ある家の基礎部分から取り壊して更地にし、ゼロから住まいを建てていくことを指します。そして、全ての住宅が建て替えできるわけではなく、建築基準法で定められた制約に則って行うことが必要です。

■建て替えなら今までの不満点が一気に解消できる!?

こんな不満がありませんか?

・間取りが古くて使い勝手が悪い。
・耐震性に不安がある。地震が起きたらどうしよう。
・暖房を付けてるのに部屋が全然暖まらない。
・居住人数に対して部屋数が足りない、または余ってしまっている。

このように間取りや家の機能、設備などいろいろなところに不満がある場合、もし建て替えできるのなら建て替えが良いかもしれません。

家の状態にもよりますが、建て替えならゼロから新たに家を作り変えるため、間取りの融通も利きますし、設備も新しく快適に、且つ耐震や免震などのこれからの不測の事態に備える機能を付加することが可能です。
このように不満を一気に解決できるのが建て替えのメリットの一つです。

■メリットの反面、コストがかかってしまうことがデメリット

間取りの自由度や最新設備、最新の機能など一気に実現できるのがメリットでしたが、それ相応のお金が必要です。この点は今の家の状態を見て、リフォームした場合と建て替えた場合の費用の差とこれからかかってくる費用の差を比べて検討することで解決できます。

フルリフォームが施工可能な工務店は新築工事も行えることが多いので、同じ業者に2パターン提案してもらうのも良いでしょう。例えば、平米ごとの単価は、おおむねリフォーム工事の方が高くなりますが、解体費や基礎工事などは新築の場合にのみ嵩む要素になります。

また、建て替えは今ある家を一度すべて取り壊して作り直すため、工事をしている間はどこかへ仮住まいしなくてはなりません。
そうなれば引越し代が2回分必要になってきますし、税制面の負担も軽くありません。

建て替えだけを見るとこのようになります。
次回はリフォームについてお話ししますので、そのメリット・デメリットとそれにかかる費用の見積もりを見比べてみてください。