リフォームで運気UP!風水を意識したリフォームアイディア〜子供部屋編〜

%e9%a2%a8%e6%b0%b4%e3%82%92%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%ad%90%e4%be%9b%e9%83%a8%e5%b1%8b%e7%b7%a8

 

子供時代の環境は、大人になった時の性格や考え方に影響してきます。親なら誰しも子供には整ったとした環境で育って欲しいものですよね。

そのためには、子供部屋にできるだけ幸運を呼び込み、勉強運や健康運を整えてあげましょう。そこで今回は子供部屋のリフォームに関する風水を意識するポイントを紹介します。

■子供部屋の位置は東から昇る太陽の光が入る場所へ

子供部屋を作る時に迷うのが家のどこに配置するべきかだと思います。日当りの場所や他の部屋との兼ね合いなどいろいろありますが、おすすめの配置は東から昇る太陽の光が入る位置です。その理由として、東から昇る太陽の光が持つ太陽の気のエネルギーによって、部屋全体が活性化し、前向きで積極的に行動できる子供に育つと言われていることが挙げられます。

対して、西日が強く当たる位置は避けておきたいところです。西日の持つエネルギーは風水学上ものを腐らせてしまう力を持っています。なので、西日の当たる位置に子供部屋を配置してしまうと、退廃的になり、勉強しなくなる子供に育ってしまうようです。

■集中力を上げるためには赤や黄色、オレンジなどがおすすめ!

小学生くらいの小さな子供には、いろんなことを経験して吸収して成長して欲しいもの。それを助けてあげるためには、集中できる環境を整えてあげることが必要です。そこで一番簡単に行えることとして、色のコーディネートが挙げられます。風水学上では小学生くらいの子供には、赤や黄色、オレンジなどの明るい色が良いとされています。小物でも良いですし、壁紙やカーテンにも取り入れてみるのも良いですね。

■思春期には天然の木で作られたものを

思春期は子供から大人へと成長する人生でも大きな分岐点です。その頃には思いやりや慈しむ心が養われます。それをサポートするのに天然木で作られたものが良いようです。フローリングを無垢材にしたり、天然の木で作られた棚や机を置くと良いかもしれませんね。

いかがでしたか?
子供時代の環境はすごく大切です。みなさんも小さな頃を思い出してみてください。みなさんが経験した素晴らしいことと同等、それ以上の経験をみなさんのお子さんにさせてあげてくださいね。

全6回にわたって風水を意識したリフォームのポイントを紹介してきました。みなさんのマイホームにより多くの幸運が舞い込んでくることを願っています。