リフォームによる住まいの防災

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

9月に入り、日に日に秋らしくなってきましたね。

9月は防災月間です。
みなさんのお家でも日頃から防災についてご家族で話合っていますでしょうか?

近年は地震だけでなく、台風や豪雨などでも甚大な被害が出ています。
家族の安全を守るために、まずは家の安全確保から。
少しでも被害を軽減できるようなあんしんの家づくりを考えていきたいですね。

地震についてのある意識調査では、建物の耐震について意識している方はとても多いそうですが、家の中の対策についても意識しているという方はかなり少なくなってしまうのだそうです。

建物の耐震・補強リフォームや家の健康診断をするなど建物の対策もとても重要ですが、家の中の対策も同じくらい重要となるそうです。
大きく激しい揺れの時には、背が高く重たい家具が転倒・移動することで時として凶器となってしまうだけでなく、私たちの避難経路を奪ってしまう可能性もあります。
家族が過ごす時間の長いLDKや寝室は、家具を固定するなどの対策が特に必要となるそうですよ。

そんなリビングの地震対策には転倒の心配がない壁面収納がおすすめだそうです。
壁面収納の中には、中身が飛び出さないように地震の際にロックがかかるものや、ガラス面には飛び散りにくいガラスを使っていたりなどの耐震性を備えた製品もあるようです。

またキッチンにもお皿やコップなど割れやすいものがたくさんありますよね。
地震の揺れで中身が飛び出してしまわないよう食器棚にも扉がロックされるものにしておくと、いざという時には安心ですよね。

さらに寝室の収納にも、クローゼットなどの埋め込み式が安心だそうです。
寝室には背の高い収納は禁物です。
寝ている時間の地震により倒れてきた家具に下敷きになってしまわないように、倒れた家具によりドアが開かないといことなどがないようにすることが大切になります。
クローゼットにすることで倒れてくる心配もなく収納量も確保でき、また避難時に大切な非常用持ち出し袋なども置いておくことができますね。

他にも災害時にガラスの破片が散らばらないようにする窓対策や非常時には懐中電灯として役立つ足元灯を各部屋に配置するなど、リフォームによってできる地震対策はたくさんあります。

いざという時のために今できること。
みなさんも防災についてご家族でご検討くださいね。