親子で身につけたい、片付け力

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

8月も残すところあと数日ですね。
長かったような、あっという間だったような子ども達の夏休みも終わり日常が戻ってきました。

毎年のことですが、子ども達が家にいる時間が長い夏休み期間中はいつもより家が散らかってしまうのですよね。
子ども達に何度も「片付けなさい!」と言うのですが、その場は片付いてもきちんと整理整頓ができていないので、またすぐに散らかってしまうのです。

最近、片付けが苦手な子ども達が増えてきているそうです。
現代は色々なものが安価でいつでも手に入り、“モノが溢れている時代”と言われています。

子どもの持ち物が増えている一方で、共働きの家庭が増え、さらに子ども達も塾や習い事などがあり親子でとても忙しいですよね。
子どもが親の片付けている様子を見たり、親が子どもに片付けを教えたりする機会が減ってしまっているため、片付けの方法が分からず、苦手になってしまう子が多いようです。

片付けが苦手なままの人生だと、時間やお金を無駄にするだけでなくストレスも溜まりやすくなってしまいます。
例えば、使いたいものが使いたい時に見つからずに時間を損失してしまう・探し物が見つからないのでもう一度買ってしまう・そんな状況にストレスが溜まり心に悪影響を与えてしまうなどなど。
日常生活や仕事にも影響が生じてしまうかもしれません。

ただ親がどんなに言っても、子ども自身が自発的に片付けをするようにならなければ効果はありませんよね。

そんな子どもの自発的な片付けを促すためには、子ども自身で片付けやすい環境を作ってあげることが大切だそうです。
扉がないシンプルな棚にしたり、子どもが手の届きやすい位置に収納を用意する、箱にラベルをつけて中身がわかるようにするなどの工夫がおススメだそうですよ。

子どもが自発的に片付け力を身に付けられるよう、親子で一緒に考えていきたいものですね。