食欲アップで夏バテ防止!

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

連日30度を超える真夏日が続き、強い日差しに日傘や帽子が欠かせない毎日ですね。

暑い日が続くと、ついつい冷たい食べ物や飲み物ばかりを口にしてしまいます。
ですが暑いからといって毎日冷たいものばかり食べていると、夏バテしてしまいますよね。
夏バテし免疫力が弱ってしまうと夏風邪にかかってしまうこともあります。

夏は暑さにより食欲が減退し、さらに自律神経の不調によって消化器の機能が低下し、栄養の吸収が悪くなることで食欲不振を起こしてしまうそうです。

食欲が落ちてくると、つい冷たいものやさっぱりした食べ物ばかりを食べてしまいますが、そうすることでさらに消化機能が低下してしまい、体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招くことがあるそうです。
そしてエネルギーやビタミンの不足によって体のだるさや疲労感が増し、無気力が増幅してしまう、という夏バテの症状がでてしまうようです。

ひどい夏バテ状態になる前に症状を改善するためには、消化機能が低下し栄養を吸収しずらくなった胃腸を戻し、必要な栄養素をしっかり摂ることで体を元気にしてあげる事が重要になります。

夏を乗り切るためには、体力の消耗を食い止めるたんぱく質、代謝促進効果のあるビタミンB群、また汗で失われがちなカリウムやミネラルをバランスよく摂取することが大切だそうです。

特にビタミンB1が不足すると、体が糖をエネルギーに変える事が出来ず、疲労物質である乳酸がたまってしまい、それがだるさやめまいを引き起こす原因となってしまうようです。

そんな夏の減退しがちな食欲をアップさせるためのおススメの方法は、調味料を有効活用したり、梅干しや柑橘系の果物を食べることだそうです。

お酢やスパイスには食欲をアップさせる効果があるので食欲がない時はこれらを料理に加えるといいそうです。
中でもカレーは、スパイスが効いていて栄養もたくさん摂れるそうですよ。
カレーにお肉や魚と夏野菜などで具だくさんにすれば、不足しがちなたんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富に摂取できますね。

食欲がなくあまり食べられそうにない時はクエン酸が豊富な梅干しをおかゆやお茶漬けで食べたり、ビタミンが豊富な柑橘系の果物を食べることが効果的だそうです。

また食事をする際は、料理の見た目や食卓の雰囲気が料理の美味しさや食欲にも大きく関係してきますよね。

無垢材で造られたテーブルは、食卓にとてもおススメだそうです。
優しい木のぬくもり、木の香りによるリラックス効果、木の色によって違う色の心理効果も料理をより一層美味しそうに見せてくれるそうです。
色の中でも赤色は食欲増進効果がありおススメだそうですよ。

ダイニングはテーブルの素材やよって印象が大きく変わりますよね。
居心地の良い雰囲気は自然と会話を弾ませ、笑顔のあふれる空間にしてくれ、食欲も増進します。
食事は毎日のことですのですので、夏バテにも負けない雰囲気づくりをぜひしてみてくださいね。