梅雨の大切さ・楽しみ方

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

先週から気持ちのいい晴天が続き、衣替えがはかどる天気でしたね。
しかしその晴天も昨日までのようで、今日から梅雨入りするところが多くなるようです。

梅雨と言えばジメジメしているし、雨ばかりで気分も沈みがち…なんて少し憂鬱な季節に感じてしまいますよね。
しかし梅雨はとても大切な時期なのだそうです。

まずは何といっても水不足の回避。

雨が降ることで山やダムに水が蓄えられ、水不足を回避することができます。
梅雨に十分な雨が降らないと、深刻な水不足になってしまうそうです。

そして作物に大切な水が与えられる。

農作物にとって命である水は、雨が少ないと十分に与える事が出来ず作物の成長に深刻な影響が出てしまいます。
農家さんにとっても大打撃ですが、消費者の私たちも野菜や果物などの高騰で影響がでてしまいますよね。

さらに田植えに大切な水が豊かになる・水田に水が蓄えられる

稲作にとっても水は欠かせないものです。カラ梅雨で日照りが続けば水が不足し、稲が育ちません。
また米作りだけでなく、大量の雨をうまく処理する上でも水田は重要な役割をしているようです。
「水田はダムである」とも言われるそうで、水田が雨水を貯め、時間をかけてゆっくり流れ出る事で水を一時的にコントロールし、河川の流れを一定に保っているそうです。

この水田による河川の水量の調節によって、洪水の被害を小さくしたり、水量が少ない時には川の水かさを増やすことで森の豊かな栄養分が海へと運ばれ、豊かな海となるそうです。

そしてなんと雨の音には癒しの効果もあるそうなんです。

雨の音に含まれる「1/fゆらぎ」というリズム。私たちの身体の中にはこのリズムで動いているものがたくさんあり、そのためこの音を聞くだけでゆったりとした安心感に包まれるそうです。
例えば心拍、呼吸、体温の変化など。これらにはすべて「1/fゆらぎ」のリズムがあるそうです。

また高周波成分と呼ばれる周波数の高い音も豊富に含んでいて、この高周波音が私たちの脳をとてもリラックスした時に発生するアルファ波へと導いてくれるそうですよ。

こうしてみると雨が意外と生活に密着していていたり、梅雨の大切さを実感することができますよね。
また梅雨の時期に咲くアジサイやスイレン、ザクロの花などもとても綺麗ですよね。

気分が沈みがちになってしまう梅雨も、自然に感謝する気持ちを持ち、梅雨ならではの花や雨の音を楽しんでみてくださいね。