今、見直されている和室の魅力

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

近年では生活スタイルが洋風化し、和室を持たない家が多くなってきているようです。
ですがその一方で和室の持つ落ち着いた雰囲気や畳ならではの味わいが最近見直され、和室を要望する方も増えてきているそうです。

和室は安らぎを与えてくれるだけでなく、ごろごろ寝転がったしてゆっくりとくつろぐことができますよね。

さらに畳に使われる「い草」は健康にもいい天然のエコ素材なうえに優れた特性をもっているのだそうです。

☆湿度を適正にコントロールしてくれる

芯部分は藁を圧縮したものが使われ、表面は「い草」から作られた畳はたくさんの空気を取り込むことができる為、湿度が高くなれば吸収し低くなれば放出して一年中部屋を快適な状態に保ってくれるそうです。
また熱を伝えにくい空気がたくさんある事で断熱性・保温性も働き、外気温に左右されず夏は涼しく・冬は暖かく過ごすことができるそうですよ。

☆空気を丸ごとリフレッシュ

い草には二酸化炭素やホルムアルデヒドなど空気中の有害物質を吸着、減少させる働きがあることが明らかになっているそうです。
い草は天然の空気清浄機としての機能をもっているのですね。

☆リラックスから集中力アップ

い草の香り成分には、バニラに含まれるバニリンや樹木と同じフェトンなどが含まれている為、リラックス効果をもたらす働きがあり、また集中力を高めたり、学習能力を高める効果もあると言われているそうですよ。

他にも高い吸音性能で生活音をしっかりおさえてくれたり、小さなお子さんや高齢者の方が転んでしまってもクッション性のおかげでダメージを最小限に抑える事が出来る等のメリットもあるそうです。

昔から日本で長く使われてきた無垢材と同様に、古くから使われてきた畳。
室内環境にも地球にもやさしい畳床は自然素材で造られた天然無垢の家の雰囲気にもぴったりですよね。
夢ハウスで家を建てる方にも畳を取り入れる方がたくさんいらっしゃるそうです。
ぜひ畳を取り入れた生活をご検討下さいね。