一日15分の入浴で心身ともにリラックス

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

新年度がスタートし、もうすぐ一ヶ月が経ちますね。
期待や不安を感じながら新たな環境で少し頑張り過ぎていませんか?

春は気温や天候の変化が激しく、ただでさえ体に負担がちになるそうです。
疲れを感じたらリラックスをして疲れをため過ぎないようにしてくださいね。

疲れがたまるとバランスを崩しやすい自律神経。自律神経のバランスが崩れてしまうと心身に様々な不調が現れてしまうそうです。
疲れをとり、リラックスをするためには自律神経のバランスを整え、“交感神経”を“副交感神経”に切り替えることがカギとなるそうです。

交感神経とは体を活発に活動させる時に働く神経で、副交感神経とは体を緊張から解放しリラックスさせてくれる神経。
リラックスを促してくれる副交感神経を刺激するには深呼吸をする・ヨガやストレッチを行うなど色々な方法があるようですが、お家で手軽にできる方法はお風呂の入り方を工夫することだそうです。

その方法は38℃~40℃のぬるま湯に15分ほどつかるだけ!それだけでも心身にリラックス効果をもたらすそうで、ストレス解消に有効であることは科学的に立証されているそうです。

またリラックスには見た目や香りなども大切です。バスルームに自分の好きなカラーを取り入れる、照明を温かい色に変えるなど自分が心地よいと感じる空間にしたいですね。

浴室リフォームでは好きなカラーや柄を選べたり、照明の明るさを選べたりと、色やデザインにもこだわることができます。
利便性や機能性も大切ですが、色の効果も大切に、理想的な浴室空間で心も体もリラックスしたいものですね。