冬場のヒートショックの危険性

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の栗田です。

今日は昨日の雨と打って変わって寒さも緩み、過ごしやすい気候ですね。
天気予報によると日中は春ごろの気温まで上がるとの事ですよ。
季節を先取りしたような1日になりそうですね。

しかしまだまだ油断は禁物。
来週はまたぐっと真冬の気温に戻るそうなので寒暖の差に体調を崩さないよう気を付けたいところですね。

お家の中の寒暖差にも危険が潜んでいるのをご存知ですか?

特に冬の寒い時期に、暖房の効いた暖かい部屋から気温の低い脱衣所やトイレなどへ移動する際、室内の温度差によってヒートショック現象が起きやすくなるそうです。
ヒートショックという言葉、最近テレビなどで耳にする機会が多くなりましたよね。
ヒートショック現象とは、暖かい部屋から寒い部屋への急激な温度変化が体に及ぼす影響のことで、血圧が急に上下したり脈拍が早くなる現象のことをいうのだそうで、一般的に気温差が10℃以上ある場合は注意が必要とされているそうです。

住宅内で特に温度差が出やすいのは以下のような場所だそうです。

・脱衣所
・洗面所
・浴室
・トイレ
・廊下
・玄関

これらの場所を20℃程度の室温へと調整することで、血圧変動のリスクを減らすことが出来るのだそうです。
浴室やトイレ等の極端な寒さはお年寄りや高血圧の方の身体に大きな負担となり、命の危険につながる事もあるのでとっても怖いですよね。

冬場は特に部屋間の温度差、上下の温度差をなくし、身体への負担を少なくすることが大切ですね。
お年寄りのいるお家は暖房器具を設置したり、二重窓にする、断熱化する、などお家の中の対策が必要かもしれません。

無垢材を使用した家は木材の断熱効果で家全体が気温差の少ない状態を作ってくれるのでヒートショック対策といった点でも安心安全な住まいの様に思います。

高齢化社会へと向かって行くこれからの住宅は、家全体の断熱性を高め、快適な室温で暮らせる環境づくり「温度のバリアフリー化」も今後の重要な課題になってくるかもしれませんね。