無垢一枚板のテーブルの存在感

みなさん、こんにちは。
楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

前々から親戚宅にある無垢一枚板でできているテーブルに興味があり、「すごいテーブルだな~」と思っていましたが、いつも親戚の方との話に花が咲いてしまい、無垢一枚板のテーブルをよくよく見ることもなく、あっという間に帰らないとならない時間に気づき、毎度慌てて帰るという状態でしたが、夏休みを利用してゆっくり親戚宅に遊びに行けたので、実際に無垢一枚板のテーブルをじっくり見てきました。

まず、テーブル天板の脇は無垢そのままの「木の節」をあえて見せる為に、凹凸を残していました。

自然そのままの無垢の為、テーブル本体の形はきちんとした四角や角が丸くなっているような感じではなく、1本の木をそのままテーブルにしたような形なので、座った時の前の人との距離が右に座っている時と左に座っている時に違いがありました。

この無垢一枚板でできたテーブルですが、通常テーブルの脚と言われる部分がテーブルの天板部分にくっついてないようで、大きな丸い木材(2個)に、それよりさらに大きな木材を横にして乗せてあるだけのようになっていました。木材の重さにより天板部分は簡単に動かないようですよ。
簡単にいえば、木の上に木を置く!というような切り出した木を積み木のように積んでいるだけのテーブルですね。

たぶんテーブルの天板部分は木材を縦に割ったもので、テーブルの脚は丸太をそのまま輪切りにしたもののようで、木の種類や樹齢はわかりませんでしたが、無垢一枚板のテーブルの存在感に圧倒されるものがありました。

親戚の方いわく、部屋の模様替えなどで、少しだけテーブルの位置を動かしたくても、若い男性が数人いないと動かすことはできないようです。

たまに私たち家族で遊びに行った時に動かして欲しいと頼まれるんですが、人数の頭数だけでは役に立たず、力持ちの男性数人が必要みたいですね(笑)

力持ちの大人の男性数人でないと動かすことのできない手のかかるテーブルですが、大きな無垢一枚板からできているテーブルに魅了されてしまいました。

しばらく見ていても、無垢の木の節の凹凸が同じものはなく、見ていても飽きることがなく、違う角度から見ると、また違うように見えてしまうことが不思議でした。

木の節の凹凸をあえて見せたり、座った時の前の人との距離が違うこと、角度によって見える木目が違うことなど、無垢一枚板のテーブルの魅力に惚れ惚れしました。

一枚板だからこそ見える木目や節の凹凸の魅力を感じることができるんでしょうね!