無垢フローリングは「本物感」「風格」「親しみ」を感じられます

みなさん、こんにちは。
楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

おしゃれなインテリアにかかせないと言われている「無垢フローリング」をご存知でしょうか?

無垢フローリングとは、無垢の木材で作られたフローリング(床材)を言うそうです。
無垢(むく)の木材の定義としては、集成・積層などといった木を継ぎ足す加工をしていない木そのものを指すのかもしれませんが、実際にはほとんど継ぎ足しのない、または大きなパーツを組み合わせた木材加工品も無垢と呼ばれているようです。

無垢フローリングとは、スライスや鋸挽きした板材(紙のように薄いものを含む)を重ね合わせた複層フローリングではなく、断面を見て単一の木材から出来ているものを無垢フローリングと呼ばれているようです。

ほとんど加工を加えない自然素材の製品であるため、合板フローリングには出せない「本物感」「風格」があるので、少しでも家にこだわりがある方々には非常にニーズが高いようです。

一般的に、スギなどの針葉樹は非常に柔らかい素材といわれおり、針葉樹と比べて広葉樹は一般的に硬い木として知られていますが、どれだけ硬いといっても天然の木材ですので、日常生活を送っていると傷が付かないということはないようです。

自然素材の無垢材は、その種類によって木の硬さもそれぞれですので、床に物を落としてしまった時、家具を移動する時など、傷や凹みもついてしまいますが、その傷も程度によっては分かりにくくすることもできますし、その傷が気にならなくなる頃には、家にも馴染み、親しみすら感じられるようになるようです。

無垢フローリングの経年美化(歳月の経過に色あせることなく、年を経るごとにより魅力的になること)を楽しむこともできるようです。

お部屋のカーテンを変えただけでも雰囲気が変わりますから、無垢フローリングに変えたらお部屋の印象も想像以上に変わるんでしょうね♪