「天然無垢は住まいのお医者さん!」安全な建材を使うことが家族の健康に繋がるようです

みなさん、こんにちは。
楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

最近、「無垢の家」という言葉を良く耳にしませんか?

無垢の家と言っても、床のみが無垢で出来ている家が多いように思われている方もいらっしゃるかと思いますが、本当の無垢の家はその家に入った時に、木の香りに包まれ、家具、ドアなどのほとんどが天然無垢で出来ているお家が「無垢の家」なのではないかと私は思います。

天然無垢で建てられている家は、石油化学製品を使わないので”シックハウスしらずの健康住宅”とも言われているようです。

集成材などの接着剤に含まれるホルムアルデヒドの影響で、目やのどが痛くなる症状がシックハウス症と言われ、ひどい場合には呼吸困難など深刻な状態に至ることもあるようです。

これにより、2003年に制定された「シックハウス法」では、24時間換気(2時間に1度)を義務化されたようですが、換気により冷暖房の効率が激減し、光熱費が跳ね上がるという結果になり、最良の解決策は、”安心な建材を使うこと”になったようです。

天然無垢の住まいに住まわれてから、アトピー・ぜんそくの悩みから解放されたなどの喜びの声もございますので、「天然無垢は住まいのお医者さん!」とも言われているようです。

住まわれる家族みなさんの健康が一番だと思いますので、天然無垢の家では、病気の予防と共に森林浴と同様の癒し効果があり、心身共に健康に導くようです。

家族の健康には、建材選びが重要なポイントのようですね。