殺虫作用があるヒバ材は、害虫・シロアリから家を守ってくれるようです

みなさん、こんにちは。
楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

つい先日のゲリラ雷雨、少し恐怖を感じるようなゲリラ雷雨だったように感じませんでしたか?

ちょうど子供たちのお迎えの時間だったので、あの雷雨の中お迎えに行く途中、大人の私でも怖いな~と思ってしまうほどでした。

ゲリラ雷雨以外にも夏に大きなヒョウが降ったりと、最近のお天気が本当に心配ですね。

あんなに大きなヒョウが降ってきて、私たちに当たったりしたらとても大きなケガにつながってしまいますし、家の中にいても、ヒョウにより運悪く屋根に穴が開いてしまうこともあるので、外にいても家の中にいても心配ですね。

このように、落ち着かない天気が続いておりますが、住まいの被害は自然災害によるものだけではなく、意外にも”シロアリ”による被害も多いそうです。

「シロアリは木を食べる」とは言いますが、シロアリが食べているものは、木の中のセルロースと呼ばれる繊維で、シロアリはこれを食べて自身の体内で分解し栄養としているそうです。
このセルロースとは、簡単に言えば木材の細胞壁を形成している成分の一つで、他にもリグニンという成分も含まれているようですが、 このリグニンと呼ばれる物質は一部のバクテリアやキノコ類しか分解ができないようです。 また、シロアリはセルロースでも柔らかい部分は好んで食べ、堅い年輪部分は残すという、なかなかグルメな習性があるとも言われているようです。

シロアリ被害に遭った木口を見てみると、見事に年輪に沿って食害された跡がわかるようですよ。

弊社で使用しております良質な天然無垢材の家のすべてを支える土台に「最上級のヒバ材」を使用しています。このヒバ材は「殺虫作用」があり、湿気が多くなるとヒノキチオールという成分を放出し、害虫・シロアリから家を守ってくれるようです。